ハーメルン
転生したけど、転生特典は一部遅れて与えられるらしい
転生自覚したから魔法使ってみたけど、喉が渇いた


「残念ながらあなたは死んでしまいました」


 目が覚めると白い部屋にいた。そして目の前には1人の少女。訳分からん。


「はい??」


 なにそれ新手のドッキリ?こんな一般人攫ってまですることじゃねえだろうが。


「残念ながらドッキリではありませんよ。あなたは眠った後に家に押しかけてきた2人組の強盗に殺されてしまったのです」


 え、なに?なんであんた俺の考えてること分かんの?テレパシー?


「ええ。わたしこれでも神様なんですよ?」


 どゆこと?訳分かんないんだけど。


「まあいきなり神様を名乗る少女に死んだと言われても混乱しますよね。でも話を進めさせていただきます」


「は、はぁ……」


「まず、あなたは死んでしまいました。ここまでは先程話しましたが、生前あなたが行ってきた善行に考慮して異世界に転生してもらうことになりました」


「え?」


 ちょっと何言ってるか分からないです。ハイ。


「だ、か、ら!あなたには異世界転生をしてもらうんです!これでちゃんと聞こえましたか?」


 いや、別に聞こえてなかったわけじゃないんだよ。


「あら、そうですか」


 そうだよ。聞こえてはいるけど理解がちゃんと出来なかっただけだから。


「なら大丈夫そうですね」


「ハイ」


「それであなたが異世界に行くにあたっていくつかの特典を授けることになりました。おめでとうございます」


「ということでこれをあの的に投げてください」


 音も立てずに的が現れる。そしてデカいダーツの矢を渡された。


「いやなにこれ」


「??ダーツの矢ですが?」


 いやそれは分かるよ。でもこれデカいし絶対投げにくいしあそこに当てる自信ないんですよ。分かります?この気持ち。


「大丈夫ですよ。外れても当たるまで何回投げても構いませんから」


「あ、そうですか……」


「ちなみにこれの他に2本同じものを投げてもらいますからね。今のうちに慣れておいてくださいね。ということで、1本目どうぞ投げてください」


 よし、俺の運命を決める一投、おりゃァァァァ!……当たった。


「お、これはこれは……魔法能力超強化!いいもの引きましたねぇ……では2本目どうぞ」


 よし、もう一丁!おりゃァァァァ!……当たった。


「お、これは良い家柄!これも使えますよ!では最後の矢をどうぞ」


 最後の矢……おりゃァァァァ!……当たった。


「あ……これは武器2つ!これは私が作った武器をあなたにプレゼントするようですね。何か欲しい武器はありますか?」


 欲しい武器って言われても……まあ刀と拳銃?それ以外使えそうにないし。特に槍とか薙刀とか。


「ふむふむ……刀剣と拳銃ですか。分かりました。また作ってあなたに送りますので……では特典も決まったことですし、早速転生させますね」

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析