ハーメルン
転生したけど、転生特典は一部遅れて与えられるらしい
戦闘続きの日


「わわ、オークだ!」


「それにしても数多くない?」


「オークやゴブリンは群れでいるって言うけど……」


「ん〜、あたしがやって来ようか?」


「いや、気分悪いなら休んでな。俺がやってくるから」


「じゃ、お言葉に甘えて……」


「ちょっとやってくるわ。サラはグロいの無理なら見ない方がいいよ」


 さて、オーカ達魔狼族との戦闘訓練を除くと人生で2、3回目の対魔族戦闘だ。

 相手はオークなので魔法を遠くからぶっぱなしていればいずれ倒せるだろう。死体の状態を考えなければの話だけど。


「《風圧撃(エア・プレッシャー)》」


 《風圧撃(エア・プレッシャー)》は物質にぶつかる風圧を凝縮して放つ技だ。その威力は強力で、まず1体の四股が圧力でぶっとんだ。そのうちそいつは息絶えるだろう。

 間違っても顔面には当たらないようにする。顔面に当たったら顔面が破裂してグロい状態になるからね。俺は自分から進んでグロい死体を見たいわけじゃないので。

 しかしこれはとても効率が悪い。1体に4発、つまり10体に40発の《風圧撃(エア・プレッシャー)》を使わなければならない。それに死体の状態もあまり良い状態とは言えない。

 『魔力特性付与:分解』。自分の魔力に分解属性を付与するスキルだ。この状態の魔力を手刀に纏えばとても切れ味のいい防御不可能の強い武器の完成だ。《風圧撃(エア・プレッシャー)》より断然こっちの方が労力と魔力の消費が少ない。


「おお〜凄い手さばきだね〜」


 襲いかかってくるオークを避けて頸を撥ねる。オークは素早くないうえに物理攻撃しかしないので攻撃してきた隙をついてカウンターで仕留める。


「ふぅ、これで終わりっと」


 これを《亜空間物質収納術(アイテムボックス)》にしまって……っ!?


「ちぇ、外したかー」
「ま、こんだけのオーク倒してる奴だし……避けてもおかしくはないな」


「今日はボスがいるんだぞ!」
「なら今日は勝ったな」
「そうだ!元Aランクの冒険者のボスに敵う奴いない!」


 なんだコイツら。魔法も意図して撃ってきたみたいだし、盗賊か?


「な、なんですか貴方たち!」


「お、かわいい子いんじゃん!」


「え〜そう?ありがとねぇ」


「なあ君、今のうちにその女2人とオークの死体全部譲ってくれないか。そうすればおれたちは君に何もしない」


「あ、結構です。2人とも、離れときなよ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析