ハーメルン
転生したけど、転生特典は一部遅れて与えられるらしい
ただ水が飲みたかっただけなんです


「さて、どーしようか……」


 とりあえず湖の水を飲むには毒を取り除かないといけない。今の俺には毒を無効化できる魔法がないからだ。というか治癒魔法を使えない。


 ということで現在、毒を取り除くのに使えそうな魔法を探している。


「爆裂……冷却……音破……分離……分離?」


【分離】
【対象から特定の物質とそれ以外の物質、または特定の性質を持つ物質と持たない物質を分離する。そしてどちらか一方を魔力を使って操る】


 これは使えそうだ。これを使って毒とそれ以外の物質に分けて《亜空間物質収納術(アイテムボックス)》に毒をしまい込めば水は飲めるはずだ。


 やり方は決まったし、後はやるだけだ。


「……対象:カーレ湖の水、分離対象:有毒物質。分離、発動」


 湖の水の茶色い濁りはだんだん俺の足下に集まってきた。何かドロドロしている。これが毒なのか。毒よりヘドロって感じだな。


「《亜空間物質収納術》」


 毒の塊を収納する。


「《鑑定》」


 湖の水に《鑑定》を使う。毒はないといえども、念のために。


 ピピピピピピ……デン!


【カーレ湖の水】
【綺麗な透き通った水。野生動物を引き寄せる力を持つ】


 へえ、ここの水ってそんな能力あったんですか。知らんかったわぁ……とりあえずここの水は危険じゃないことが分かったし、飲もう。


 両手で水を掬って、口元に持ってくる。


「おお……!美味い!」


 やばい、水がめっちゃ美味い。村の井戸水なんかと比べものにならんくらい美味い。もう1度水を掬って、飲む


「これは毒取り除いた甲斐あったなぁ……」


「ウォン!ワォン!」


「!?な、なんだ」


 いつの間にか横に結構大きな狼がいた。そして身体を擦り付けてくる。ちょっとこいつが何をしたいのか分かりません。ハイ……《テレパシー》を使ったらこいつと意思疎通出来るかな……。


『あ、あ……君、聞こえる?』


『おう、聞こえるぜ』


 あ、聞こえるんだ。《テレパシー》って動物にも使えるのね、理解理解。


『なら良かった。ちょっと聞きたいことがあるんだけどさ、なんで君さっきから身体を俺に擦り付けてんの?』


 そう、こいつは俺が《テレパシー》を使おうとした時からずっと身体を俺に擦り付けているのだ。


『ん、ああそれはな……特に理由はないぜ』


 いや、ないんかい。


『それにしてもあんたすげぇな!』


『え、何が?』


『ここの水の毒取ってくれただろ!前にミヤコってとこの人間が来たんだけどな、何も出来ずに帰ったんだ』


『へえ、そいつは余程使えねえやつなんだな』


 実際は結構強い人かもしれないけど。魔法能力超強化された俺がレベチなだけかもしれないけど。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析