ハーメルン
転生したけど、転生特典は一部遅れて与えられるらしい
貴族の屋敷にお邪魔した

 ルベルト辺境伯か馬車を呼んだが、すぐに来るわけではないのでアルーナの町役場で馬車の到着を待っている。


「サトイ君、君何歳なんだい?」


「10歳です」


「えっ!?てっきり15歳くらいだと思ってたよ」


 よく言われるよ。俺身長180弱あるし、こんな容姿だし。ちなみにこの世界の人は日本人よりも肉体の成長速度が1.5倍ほど早い。だから10歳男子の平均身長は160弱である。まあ俺はその中でも飛び抜けてるけどな。


 そう言うことがあるから、冒険者登録が10歳で出来て成人年齢が15歳となっているのだろう。


「ということは……私と同い年ですね」


「あ、同い年なんですか」


「ははは、これならサトイ君にならサラを任せていいかもな」


「ちょっとお父様!?」


「まあまあルベルト辺境伯、ちょっと気が早くないですかね」


「サトイ君は絶対にモテるからね。今のうちに申し込んでおかないと。サラは奥手たから取られないようにしないとな。あと私のことはルベルトさんでいいよ」


「な、何言ってるんですかお父様!サトイ様も初対面の女と婚約なんて言われたら嫌でしょう!」


「はははは……そんなことないよ。サラみたいなかわいい女の子なら、ね」


「ふえっ!?か、かわいいなんてそんな……」


 サラは顔を赤くして身体をくねくねさせる。


「サトイ君、君は大物になるだろうね……」


 ルベルト辺境伯……いや、ルベルトさんは遠い目をしてそう言う。よく分からんな。ただ女の子を褒めただけで大物になるって……。


「?ありがとうございます……?」


「辺境伯さま!馬車が到着致しました!」


 おお、助かった。2人がトリップしてるカオスな状況だったからどうしようかと思ったよ。ナイスタイミングですよ、そこのあなた。


「お、それでは表に出ようか」


 町役場の外には馬車と馬が止まっている。止まっているのだが……。


「馬車が2台しかない……」


「申し訳ありません!てっきり御館様とお嬢様だけだと思っていまして!お2人の専用の馬車しか用意しておらず……」


「どうするのですか?」


「むむむ、こうなったらサトイ君にサラが同じ馬車に乗ってもらうしかないな」


「サトイ様はお客様なのですよ?私なんかと同じ馬車に乗られるなんて」


「別に俺はいいよ」


「サトイ様!?よろしいのですか?」


 嬉しそうな顔をするサラである。


「うん。でも君が俺と様付けしないで話してくれないとなあ……ルベルトさんと同じ馬車に乗るかなぁ」


 ニヤリ、と口角を上げてそう言う。するとルベルトさんも俺と同じように口角を上げる。サラは愕然とした顔をする。え、そんなに?そんなに俺と一緒に馬車に乗りたいの?


「うう、でもサトイ様は私の恩人で……」


「でもさっき君は俺にさん付けなしで話してって要求に応えたよね。だから君も俺に様付けはやめて話してよ。ああ、別に俺と一緒に馬車に乗りたくないのならそのままでいいんだよ?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析