ハーメルン
転生したけど、転生特典は一部遅れて与えられるらしい
さあ、旅の始まりだ

 俺が記憶を取り戻してからきっちり5年、つまり俺は今日15歳になったわけだ。そんなメモリアルな日の今日、やっと2回目の転生特典が来た。それが分かった理由は布団の横に刀と銃、そして手紙があったから。


 驚きで目がぱっちりと覚めた俺はとりあえず刀と銃を《亜空間武器庫(アーセナル)》にしまった。そしてその次はステータスの確認。


「《ステータスオープン》」


ステータス
名前:サトイ  男  15歳
天職:魔法師
称号:なし
魔力:100000
技能:全属性適正・魔力感知・第六感・空間識覚・体術・言語理解・鑑定・環境適応・火炎耐性・慧眼・回復パワーアップ・体得
スキル:『天上天下唯我独尊』『会心の一撃(クリティカル・ショット)』『魔力特性付与:分解』
加護:『神の加護』


 何か色々と増えてますね。まず魔力。これは10倍になっているぐらいだ。技能については全属性適正になった。つまり全属性の魔法がきちんと使えるよ兎になったということだ。他にも回復パワーアップと慧眼と体得いうものが増えている。


 回復パワーアップ、これはいわば某戦闘民族の持つ能力だ。慧眼、これは本当は見えない魔力や魔法を捉えることのできる特殊な目のことである。手から魔力を出してみたら本当に見えたよ。体得、これは自分が受けた魔法を使えるようにする技能だ。


 次にスキルだが、『天上天下唯我独尊』というものが追加されている。名前が凄いねぇ。


『天上天下唯我独尊』
『命の危機に陥った時、1秒に5%の確率で身体の損傷、欠損部位の修復、魔力回復などの効果を得られる』


 まあ保険みたいな物だよね。死にかけてもなんとか息してたら生き返る可能性があるよって言う。きっとこれは使う機会はないだろうね(フラグ)。


 次は手紙の確認だ。





拝啓 岩槻 慧様


 神です。お元気ですか、あなたもそろそろ異世界の生活に慣れてきたはずです。私は以前と変わらない平凡な日々を過ごしております。


 さて、この手紙が届いたということは2回目の特典があなたの手に渡ったということです。ちゃんと能力は増えているので安心してください。


 刀と銃ですが、名前はありません。あなたが付けてあげてください。名前を付けると好きな時に自分の手に呼び寄せることができる能力が付きますので。それらの能力は《鑑定》で見てください。きっとあなたの生活の役に立ちます。


 この手紙はあなたが読み終わり次第溶けてなくなります。


神より





 刀と銃、そんな便利な機能あるんだね。名前は後でじっくり考えて付けることにした。起きてすぐは頭が働かないからね。とりあえず居間に行く。


「サトイ様、誕生日おめでとうございます。これ、サトイ様宛のお手紙です」


「ん、ありがと」


 包みの紙を開くと手紙がある。中身は1枚だけだった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析