ハーメルン
bae(PSYCHO-PASS)
poppy fields



・・・・・・・・・


地下駐車場にて、ある男が立ち尽くしていた。
この場所に、10時に迎えに来ると言っていた人物はまだ現れない。

「…遅い…」

傍らでセキュリティドローンに睨まれ続け15分が過ぎる。
執行官は単独で外出はできない。逃げ出さないか、監視をされているようだった。

そういえば、前にもこのような事があった、なんてその時の情景を脳裏に浮かべていると、地下駐車場内に車両が近づく音が響く。
そしてやけに荒っぽい運転。

黒いシンプルな車が目の前で停車すると、中から白髪の女性が窓を開け、ひょっこりと顔を覗かせる。


「ごめん!遅刻!15分!」

両手を合わせ、ごめん!!と何度も頭を下げる女性はらどうやら遅刻の常習犯らしく、相手の男もため息を吐くだけだった。


「…舞白。その遅刻癖何とかならないのか?」

「いや〜、渋滞にハマっちゃって」

「嘘をつくな。渋滞情報などない。俺の情報をナメるな」

「……相変わらずだなぁ、ノブ兄は」

ケラケラと笑う姿は昔から変わらない。そして遅刻癖も。仕事の時は10分前行動を確実に行うくせに、プライベートでは相変わらずの様子。
そういえばこの前、霜月もそんなことを言っていた、と思い出しつつも、車へと乗り込む。


2118年 7月 ―――

外務省調整局行動課 特別捜査官 兼
厚生省公安局刑事課 有期限監視官補佐、
なんて長ったらしい立場に置かれている人物、狡噛舞白。兄は同じく、外務省の特別捜査官の狡噛慎也だった。

「お前の運転は荒いから、オートドライブにしておけ。いい加減、海外のノリでハンドルを握るのはやめろ」

「ついついアクセル全開にしちゃうんだよね。」

助手席でガミガミと口煩く文句を言い放つ男、公安局刑事課一係 執行官の宜野座伸元。舞白が海外の放浪生活を終えて、約5ヶ月が経過。しかし未だに運転は荒く、ほかの執行官たちからも苦情を受けていた。そのため基本的に運転は任されないが、今日は状況が違う。

暫く文句を言われ続けていたが、オートドライブに切り替え、落ち着くと、宜野座は舞白に視線を送る。

「…非番なのに悪いな。俺に付き合わせて。」

「そんなことないよ?それに、執行官の外出に同伴するのは服務規程だし。私も、ちょうど行こうと思ってたから。」

今日はお互いに非番だった。基本的に、舞白は新人監視官と同じ扱いだった為、元監視官でもあり、経験豊富な宜野座とシフトを組まされることが多かった。まあ、それはもしかすると、常守の"粋な計らい"なのかもしれないが…。

「あと基本的に私、暇だし(外務省の仕事もあるけど)、大丈夫大丈夫」

「大丈夫そうには見えないが」

若干表情が引き攣っていると感じると、舞白を案じていた。刑事課の激務にプラスして、外務省の仕事も少しはこなしているらしい。とは言っても情報の読み込みだけだと、本人は口にしているが。もちろん外務省の内情を聞く訳には行かなかった。

「お前は何時ぶりに会うんだ?」

「私は1週間ぶりに…」

「…そんなに会ってるのか?」


[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析