ハーメルン
bae(PSYCHO-PASS)
Irises



・・・・・・・・・・・



部屋へ戻ると、父親へガミガミと説教をする息子。
しかし、その姿は決して嫌悪感は無い。以前は一方的に壁を作っていた宜野座だったが、その様子は感じられなかった。


「そんなにガミガミ煩いと、舞白ちゃんに逃げられるぞ、伸元」

その姿を面白おかしく捉える征陸は満更でも無い様子で、嬉しそうに笑っているだけだった。体を大切にしろと、真面目に考えている宜野座は、その姿を見るとため息を漏らす。

「……それとこれとは別だ。」

呑気な父親に呆れているのか、説教を止めれば傍らに置かれていた椅子に座る。征陸は車椅子に乗ったまま室内を移動すると、2人に飲み物を、とゴソゴソと動いていた。

「征陸さん、私がやる……」

「いいんだ、お前さんたちはゆっくり座っててくれ。俺もじっとしているのは性に合わない。」

舞白は自分がやると言い張るも、どうやら聞く様子はなく、大人しく宜野座の隣へと腰掛ける。
そして、先程から気になっていた花瓶に生けられた真新しい花に目を向ける。そして、よく見ればその傍らには未開封のウイスキー。宜野座もそれに気づいたのか、はぁー……と更にため息を漏らしていた。

「ねぇ、絶対あれ持ってきたのって」

舞白が"あれ"に指をさす

「…狡噛だろう……」

普通アルコール類の持ち込みは出来ないはず。しかし狡噛は、どうやらそれをいとも簡単に持ち込んだらしい。
まだ狡噛と決まったわけではないが、その可能性しか考えられない。

そんなことを話していると、征陸は冷たいお茶が入ったコップを2人の目の前の机に置けば、対面側に車椅子を固定した。


「おい、なんでここに"あんなモノ"がある。」

「絶対お兄ちゃんでしょ?今、帰ってきてるし」

2人に同時に問い詰められると、思わず笑みを零す征陸。しかし、笑い事ではないと宜野座に更に問い詰められると弁明していく。

「飲むわけがないだろう?コウも、そのつもりで持ってきたわけじゃないさ。それに、ちゃんと花まで持ってきたんだぞ、あいつ…」

「……後で狡噛に文句の電話を入れてやる…」

それでも、花を持ってきた兄は、意外にも常識人らしい。普通、見舞いに酒は持ってこないが……。征陸の事を思っての、狡噛なりの考えがあったはずだと。舞白は宜野座に言い聞かすも、反応は薄く、これは後でガミガミと兄は説教されるんだろうと想像していた。


そしてふと、舞白は何かを思い出したように、傍らに置いていたあるものを取り出す。

「あ!そうだコレ。この前来た時持ってくるの忘れちゃって……」

紙袋を征陸に手渡すと、ニコッと笑みを向ける。

「ハッピーバースデー!1ヶ月くらい遅れちゃったけど。」

紙袋を受け取り、中のラッピングを解けば見覚えのある小箱。お気に入りのメーカーの溶き油だと分かれば、嬉しそうに笑みを浮かべていた。

「よく分かったなあ……俺が使ってたお気に入りの溶き油、なかなか手に入らない代物だ。」

「だって、ずっと使ってたメーカーの物でしょ?何となくこのマーク覚えてて、探し回って見つけたんだよね〜」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析