ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
寂しがりやは結構多い




妖怪の賢者、八雲紫。


幻想郷が生まれたときからその在り方を見守ってきた大妖怪。幻想郷で、彼女の名を知らぬ者はいない。


彼女を知るものは揃って彼女をこう表す。うさんくさい、と。何を考えているのか分からず何を企んでいるのかも分からない。思わせぶりな態度と意味ありげな言葉で相手を試すような目で見る神出鬼没のBB……大妖怪。


「…………」


「紫様?どうかしましたか?」


「ちょっと今、不快な表現をされかけたような……」


「はあ?」


「……なんでもないわ。それよりも藍、そちらの様子はどうなっているのかしら?」


八雲紫は己の式、八雲藍に尋ねる。主からの問いかけに藍は頭を低くして応えた。


「はい、既に事後処理は終わり、今のところ問題なくおおむね順調に進んでいます。これでとりあえずこちらに心配はないでしょう」


「そう、ご苦労様」


「いえ、それよりも今は……」


「次代の巫女、ね」


八雲紫はため息をはく。八雲藍はその仕草に己の主が珍しく本気で困っていると察した。


「まだ、新しい巫女は決まりませんか?」


「少なくとも今すぐに巫女を務めることのできる人材は見つかっていないわね」


「……そうですか」


次代の巫女の選出。それは今後の幻想郷を左右する重大な決定である。それゆえに博麗の巫女は八雲紫自身が厳選し代々巫女に据えて来るのが本来の形である。幻想郷を愛する彼女にとって巫女の選別に妥協は許されない。しかしそれは裏を返せば巫女に相応しい者がいなければ博麗の巫女は決まらないということでもある。


それゆえに八雲紫は珍しく考え込んでいた。幻想郷のためにも、そして巫女自身のためにも出来るだけ早く巫女を見つけなくては……。


「……そういえば例の子は今どうしているのかしら?」


紫はそういえばと人里が勝手に祭り上げた仮初めの博麗を思い出した。紫は博麗の代理に干渉するつもりはなかった。人間の弱さゆえの一時的な処置。紫は人間の強さを認めている反面その弱さも知っていた。故に代理を黙認し、会うこともなかった。


「彼ならば今は人里にて療養しているようです」


「あら、とうとう耐え切れずに倒れてしまったのかしら?」


博麗の巫女は重責だ。その分その立場に要求される役割も大きい。代理に選ばれた少年は多少の力を持っているがその程度で博麗が務まれば紫自身巫女選びに苦労はしない。


弱小妖怪相手に奮闘しているひしがきではどう足掻こうが潰れるのは時間の問題。一度潰れてしまえば人々はまた不安に駆られ暴走する。紫としても人里が恐慌状態に陥るのは望ましくはないので対策は用意してある。特にひしがきが潰れようとも何の問題も無かった。


「いえ、風見幽香と遭遇したようで、命に別状はありませんがひどく蹂躙されて人里に運ばれたようです」


「……ふぅん」


紫は意外そうに唸った。


「彼女はなぜ止めを刺さなかったのかしら?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析