ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
危なくても手が出る気持ちはわかる






体が完治しないままに、俺は博麗神社に戻ることになった。


人里を離れる前に、俺は里の周りを大きく見回る。最近はずっと退治屋に任せていたが、これは俺に任された一番重要な仕事である以上、戻る前に一度やっておかなくてはならない。俺が休んでいる間に被害が出てしまったならなおさらだ。


「………」


見回って分ったがやはり妖怪の縄張りが徐々に人里に向って広がっていた。以前は博麗の巫女が、今は俺が定期的に回ってここは人間の場所である事を主張していたのだが2月ちょっと経つだけで妖怪はその場所へとやってきている。


妖怪が縄張りを広げている場所の上空に結界を張り上から周囲を一望する。ちらほらと見える妖怪の姿。その中には以前俺が死闘を繰り広げた山犬の妖怪に匹敵するであろう妖怪の姿があった。なるほどアレが来たことでそれに従う妖怪も人里近辺までやって来たと言う訳か。以前の俺ならば罠を仕掛け自分の有利な場所で奇襲を仕掛けていただろう。今の俺は病み上がりであの時とは違い万が一にでも正面切っての戦いなど出来ないし、体も鈍ってしまっている。だがそれでも俺はもうあの時とは、以前までの俺とは違う。


俺は何も療養中ずっと弟妹たちと遊んでいたわけではない。霊力と魔力の運用の鍛錬や新しく薬になる霊草・魔草の知識を学んだりしていたのだ。そしてもちろん、結界に関しても考察と実験を重ねてきた。自己を深く沈めていく。自分の中に深く深く沈みソレを掴む。そして自分の望む形へと引き出していく。


「結」


眼下に見える妖怪たちが結界に覆われる。その結界は以前までの暗闇が渦巻くような結界ではなく、黒曜石の様に濁りにない黒い色をしている。


『ギィィィィィィィィィィ…………………………………………』


妖怪たちの断末魔の叫びが響き渡り、そしてすぐに消えていく。叫びの鳴り止んだ結界を解除するとそこには黒く汚染され、形状をとどめていないボロボロの姿の妖怪の残骸があった。その残りカスは風に吹かれると風化した塵の様に消えていった。


これまで以上の力の成長に思わず拳を握る手に力が入る。かつては一匹退治するだけでも苦労した妖怪が今はものの数秒で倒すことが出来る。その事実に喜びを噛みしめる。


「ガァァァァァァァァァァァァ!!」


しかし、やはりそれよりも力のある妖怪は今だ健在である。結界の中で力の限り暴れまわっている妖怪に強力になった結界も大きく揺れている。そして死に物狂いの抵抗に耐え切れなくなった結界に亀裂が生じて……


「結」


壊れる前に再び結界を張った。妖怪が結界を壊そうとその上に新たな結界を張っていく。この結界に囚われた時点で、もう勝敗は決していた。後は妖怪が力尽きるのを待つだけの消化試合だ。


そして張られた結界が三つ目になると妖怪も力尽きたのか抵抗が止んだ。しばらく様子を見た後、結界を解くとそこには他の妖怪と同じく黒い塵となった妖怪の姿があった。それをそれを確認した後、一端ひしがきは人里へと戻っていった。







人里に妖怪退治が済んだ事を報告し、ひしがきはすぐに博麗神社へと向った。その顔はかつて苦戦した妖怪たちを一方的に駆逐したことによる喜び……ではなく正反対の険しい顔をしていた。確かに力の成長は喜ばしい。しかし、その喜びはすぐに過ぎ去りひしがきは今後について考えていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析