ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
ある~日~、森の中~






「妙な妖怪?」


「ああ」


朝の鍛錬を終えて朝食を取っている時に藍からその話を告げられた。


「ここ最近になって幻想郷で奇怪な妖怪が場所を問わずに暴れている。中には妖怪の山や大妖怪の縄張りにまで踏み込んでいることから後を省みずに暴れているんだろう。このままではいずれ人里にもその手が及ぶ可能性がある。今の内に始末しておいた方がいいだろう」


「ふーん……」


藍からのこういった妖怪退治の話は珍しい事ではない。この五年間、幻想郷の管理に当たって必要な妖怪退治は何度もあった。大妖怪クラスは今までなかったが今までより遙かに強い上級の妖怪とも数回戦った時もある。もっとも、その時は藍からの情報を元に何十にも策を張り、あらゆる可能性を吟味して必要な物資をそろえた上でかろうじて勝利を得ることが出来た。


俺が何の準備もなしに正面から戦えるのは中の下程度の妖怪だ。それ以上ともなると結界が通用しなかったら正面からは厳しい。基本的に俺の戦闘スタイルは結界の奇襲からの槍での止めと言う一連の流れがある。その形を追求してきた俺にとって結界が通じない相手にはそれなりの準備が必要なのだ。


話が逸れたが、今回のその妖怪についてもその強さに依っては準備をしなくてはならない。


「その妖怪について分っていることは?」


「それが、よく分らんのだ」


「…なに?」


今まで藍は退治する対象の妖怪について事細かに知らせてくれた。その妖怪の姿形、種族、特長、能力、弱点、場所などそれらの情報は俺の大きな武器だった。その藍が分らないと言った事に俺は驚いた。


「どういうことだ?」


「…これまで、見つかったその妖怪達は種族がまったく別の妖怪達だ。それが何故か凶暴化して奇形へと変化し暴れている。今のところその影響はそれほど広がってはいないが、このままでは被害が大きくなる可能性がある」


妖怪の凶暴化に伴う奇形への変化。これまでの仕事とは少しばかり毛色の違う事件だ。


「その凶暴化した妖怪に共通点はないのか?」


「それらの妖怪はある特定の場所の近くに縄張りや住処を持っていた。おそらくはそこに影響の大元があると見ている」


「つまり、今回は妖怪退治ではなく、その妖怪を凶暴化させている大元を見つけて壊すなり封印するなりするって事か」


「そういうことだな。おそらく周辺に影響を受けた妖怪達がいる可能性があるが、今のところ影響を受けているのは力の弱い下級妖怪ばかりだ。おそらく一定以上の力を持つ妖怪は影響を受けにくいのだろう。今ならお前でも十分に対処が可能だ」


「…なるほど。下手に時間をかけて強い妖怪に影響が出る前に解決した方がよさそうだな」


となれば今できる限りの備えをして、すぐにその場所に向った方がよさそうだ。例え凶暴化していようが下級妖怪ならば俺一人でも十分に対処できる。


「すぐに支度を済ませて行って来るよ」


「ああ、気をつけて行って来い」










[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析