ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
人生にはギャンブルがつきもの







ただの一般警備員がいつもの見回りをしていたら偶然に銃を持った凶悪犯罪グループと出くわしてしまった。


多分、今の俺の状況はそれと似ているだろう。頭の中が一瞬フリーズする。その刹那の間に、頭の中が幾ばくかのかの無意味な自問自答を繰り返す。


何だこれ?いきなり現れた鬼?何で鬼?さっきまで鬼瓦だったのにしかも3体なんだこれ?下級妖怪しかいないはずじゃ藍の話と違うそもそも最初から違ってたなんで鬼?かくれんぼでもしてたのかでっけぇ太いなんて迫力だ今まで解けたが違う何でこんなのがここにいるの?大丈夫なのかここ危なくね?あれと戦うのかできるかいや絶対無理だだって鬼だぜそんなん鬼じゃん無理無理不可能無理ゲーだって幽香とかルーミアと同じ大妖怪クラス詰んだ死んだだろ今度こそ2度あることは3度あるとかいい加減にしろよむしろ3度目の正直にしろよ意味沸かんねぇ


現実逃避。人間が理不尽・不条理な状況に突如として遭遇してしまったとき思考が暴走し冷静な判断が機能しなくなる。ひしがきもまた例外なく目の前の状況に否応なく目を逸らそうとする。ただ、ひしがきが常人と大いに違う点がある。


「――――――ッッ!!!」


それは潜って来た修羅場の数である。思考の底なし沼から抜け出しひしがきが行動に出るまで1秒掛からなかったのはさすがと言える。幸い目の前の鬼は状況を把握していないのか目が虚ろで焦点が合っていない。


(今の内にっ!!)


ひしがきは全速力で走り出すと同時に目の前の鬼達に全力の結界を最大出力で最大数展開する。鬼たちを中心に黒い壁が、いやそれはもはや壁と言うレベルではなく要塞のような黒い呪いの鉄壁が鬼を覆った。結界の重ね掛けで構築された牢獄。鬼相手にどこまで足止めが出来るかわからないが一瞬でも押し留めてくれるだけで十分。瞬時に転移のための結界を構築する。


逃げる。とてもではないが勝てる相手ではない。今のひしがきが結界を構築し終わるまでに要する時間は約8秒。それまでに鬼から逃げなければならない。だが、



ドガァァァァァァァァァァァァッ!!!



爆音と共に結界が破壊される。そしてその巨躯からは想像できない速度で鬼が飛び出してきた。鬼達は淀んだ目でひしがきを捉えると怒声をあげて砲弾の様に突撃する。


「あ、ぶねぇっ……!」


木々をなぎ倒しあっという間にひしがきに迫る鬼達を大きく横に飛んでかわす。森の中だというのに木も岩も鬼の遮蔽物にならず簡単に粉砕されている。それはさながらF1並の速度で走る重戦車だ。鬼達は地面を大きく削り反転すると再びこちらに突進する。


「ど畜生がッ!!」


再び横に飛び鬼をかわす。直ぐ横を通り過ぎる鬼達の風圧だけで体を削られるような感覚がする。風圧だけで体が引き裂かれそうになる。だがもう直ぐ構築が終わる。これが終われば一端ここからは離脱できる。


ひしがきは次の突進に備え振り返る。鬼は再び反転しこちらに狙いを定めている。後一度かわせば逃げられる。体を低くして飛ぶ体勢を整えたところで、違和感を感じた。さっきまで鬼は3体いたはずだ、だが目の前にいる鬼は2体。あと1体はどこに行った?



[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析