ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
お仕事中

「…はぁ…はぁ…はぁ」


どうもこんにちは、ひしがきです。


今日も今日とて田畑でお仕事してます。ちなみに今はまさに俺専門のお仕事中。それはどういう仕事かと言うと


「ギイィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ!!!」



妖怪を必死になって抑えています。



早く誰か来てー!!!







いつものように畑を広げる為に地面を耕していると子牛くらいの大きな鼠の妖怪が襲ってきた。この妖怪、たびたび現れては畑の作物や働いている人を襲ってくる害獣のような妖怪だ。しかもたまに複数でやってくるからめんどくさい。


妖怪の中でいえば知能も低い下の下妖怪だが、人にとっては十分脅威だ。もちろん子どもの俺にとってもなおさらだ。


「…ぜぇ…はぁ…くぅっ…!」


迎撃手段のない俺はその妖怪の周りを結界で囲み閉じ込めている。その間に別の人が里に居る妖怪退治屋を呼んでくる手筈になっているのだ。


なので今俺の仕事は退治屋が来るまでこいつを閉じ込めておくことなのだが。


「キィ、キィ、キィィィィィィィ」


「うっせぇぇぇ!ちょっとは大人しくしろクソネズミ!」


鼠妖怪が叫びながらガリガリと結界を引っかく。幸いあの程度では結界は破られることはない。しかし、そろそろ結界の維持するのが辛くなってきた。


結界こそ破れないものの人間があの爪でひっかかれたら洒落にならない。気合を入れて結界を維持する。


閉じ込めたまま安全なところへ俺も避難したいところだが俺は自分から離れた所に結界を維持することが出来ない、というより離れると結界の維持が難しいくなり精度がいっきに下がるのだ。


今俺が離れたら鼠妖怪が出てくるかもしれない。それで畑を荒らすだけならまだいいが、俺を襲いに里の中まで追って来たらまずいことになる。しかもさっきから血走った目でこっちをにらんでやがるので俺を標的にする可能性が大だ。ちくしょう、防御力でも下げるつもりかこのラッ○め!


里からは一向に助けが来る気配がない。いい加減俺も限界が来る。


(何とかして、こいつをどうにかしないとマジでやばい!)


俺の能力は現時点での攻撃力は皆無に等しい。しかし、俺だってもしもの時のために何も考えてこなかったわけではないのだ。もしもの自分ひとりで妖怪を相手にしなければならない時のために、守ることだけでなく退治するための手段を考えてはある。


(いきなりぶっつけ本番とか、勘弁してくれよ!こっちはもういっぱいっぱいだっつーの!何で俺がこんな目に合わなきゃいけないんだよ!まだ2話だぞ!?…あーもう村の被害とかいいから村の中に逃げちゃ駄目かな?)


内心で泣き言をぶちまけながら、考えていたモノの準備をする。既に結界の維持をするにはかなり消耗しているがここで踏ん張らなければ終わりだ。一つ一つ、丹念に準備をする。


全身に汗が流れる。目の前で暴れる妖怪がけたたましく叫ぶのにビクビクしながら、それでも己を奮い立たせて準備を続ける。


目の前の妖怪を本当に退治できるだろうか?今から行おうとしていることは攻撃とは呼べるものではない。こんなものは本来相手をひるませる程度のもので傷つけることは出来ても決定打にはならない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析