ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
どうしようもなくても、引けない時がある





鬼。


それははるか昔から日本において恐れられていた存在である。その歴史は古く中国にも伝わっており、その意味は死者や亡者を表していた。ある説ではインドから伝わった仏教の夜叉や羅刹の姿から鬼が派生したのではないかと言う説もある。その他にも鬼の誕生には諸説あるが、鬼という存在はその呼び方や姿形の差異はあれど広く世界に伝わっている存在であるということだ。


鬼とはある意味で恐怖そのもの。その力、その姿は様々に伝えられ人を畏怖させる。それは此処、幻想郷においてもまた同じである。









人里。その歴史の中で里が襲われたことは何度かある。妖怪と人間が暮らす幻想郷ではそれはむしろ当然と言えた。当時も博麗の巫女がいたが妖怪の数の前にその被害は決して少なくはなかった。それでも賢者と巫女の力により幻想郷の歴史が進むにつれその被害は少なくなってきていた。


だがそれは突然、やって来た。


それは暴力そのものだった。それは災いそのものだった。鬼。子どもでも知っている恐ろしき妖怪。里を囲む柵を破壊し家を吹き飛ばす。それを前に人々は叫び、逃げ惑うことしか出来ない。


ドガァァァァァッ!!


鬼が大地を揺らす。その度に悲鳴と破壊音が人里全体に響いた。蜘蛛の子を散らすように人は逃げ惑う。けれども鬼の前では人は逃げることさえ敵わない。ある者は踏み潰され、ある者は弾け飛び、ある者は叩き潰され、ある者は引き千切られ、またある物は食いちぎられた。これこそが鬼。これこそが妖怪。人々が恐れ、怖れ、畏れる存在。人は今再認識していた。妖怪とはかくも強く、人間の脅威となるのだと。


だが、それでも……抗う人間はいる。


破壊を撒き散らし進む鬼。その鬼に向って飛来する無数の矢。それは雨の如く鬼に降り注ぐ。鬼から離れた場所に、里の退治屋たちが集結していた。


「迂闊に鬼に近づくな!一箇所に集まらずに常に拡散して鬼を撹乱しろ!生半可な攻撃は効かないぞ!時間を稼げ!」


退治屋の頭領が先頭に立ち指示を下す。退治屋たちはバラバラに鬼を囲い矢を槍を放つ。


■■■■■■■■ッッ!!


だが、鬼の前にはまったくの無意味。人間の矢や槍など鬼にとっては紙屑同然、何の脅威にもなりえない。鬼が腕を振るう。あっけなく家が丸ごと吹き飛んだ。


「怯むな!視界を封じて動きを止めろ!」


鬼の膂力に怯んだ退治屋たちが頭領の一喝で我に帰る。四方八方から煙幕弾が鬼に向って投擲される。煙幕が鬼を包み込む。視界を封じられた鬼は、構わず前進する。その鬼の真横から、丸太が突き出された。巨大な一本の丸太を数十人がかりで持った退治屋たちが鬼に突貫した。バキバキという音と共に丸太が割れる。真横からの突然の襲撃に前進しかけていた鬼は膝を付く。そこに鬼の頭上から幾重もの網が投げ込まれた。網は次々に鬼へと被さっていく。煙が晴れると、そこにはすっかり姿が見えなくなるほどに網が被さっていた。ただの妖怪ならばそこで捕えられていただろう。しかし、何度も言うが相手は力の化身、鬼。何重にも重なった網を両腕で引き千切り再び姿を現す。


「ぬうぅぅんっ!!」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析