ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
案外決着ってのはあっさりしてるもの




それをなんと表現していいか俺には分からなかった。


「随分と思わせぶりな登場じゃない博麗の巫女。ひょっとしたらずっと隠れて見てたのかしら?」


闇が奔る。そうとしか表現できない。実際には何条もの闇が相手を貫かんとしているんだろう。それを、自分は満足に見ることも出来ない。


「うまく私から逃げてた妖怪がいまして、子ども相手に随分と手間取っているようで驚きましたよ」


俺には見ることも出来ないその闇を、博麗の巫女は苦もなく迎撃する。人の身ではどう足掻いても打ち落とせないだろう闇を、あの巫女はその拳で、その脚で、次々と砕いていく。


これが、博麗の巫女か……!


もちろん唯の生身で遣って退けているのではないだろう。何かしらの能力、または術でもって巫女は自身を強化している。強化した体で相手を迎え撃つ。やっていることは至極単純だ。


だが考えて欲しい。さっきからルーミアが繰り出す闇の連打はあっさりと大地を削り、岩をも貫いている。貫かれた岩の断片は、まるで大理石のような滑らかな表面をしている。


おそらく音速に達しているのだろう。繰り出される一発から発生する衝撃波が常に周囲を震わしていく。ヘリコプターが地面から飛び立つときの風を何倍にも強くしたような、そんな衝撃だ。


その大元を、この巫女は手足で打ち落としているのだ。一体あの体にどんな膨大な力を有しているのか見当もつかない。


「ふん、ただ遊んでいただけよ。久しぶりのオモチャだったものね。つい時間を忘れてはしゃいでしまったわ」


「なるほど、ついはしゃいで体のあちこちにそんな火傷を負ってしまうとは、意外と自虐的な遊びなんですね。それとも……遊びすぎた猫が鼠に噛まれましたか?宵闇の大妖怪もヤキが回りましたね」


「……偉そうに吠えるなよ。人間風情が!」


「妖怪風情が、ワタシ(博麗の巫女)に逆らわないでくれますか」


ついにルーミア自身も動き出した。闇を纏い巫女に接近する。対する巫女は小さな球を取り出すと自分の周囲に放る。球は瞬時にバスケットボールほどの大きさに膨らむと、衛星のように巫女の周囲を回り始めた。


陰陽玉。博麗の巫女の礼装の一つ。闇を纏ったルーミアと陰陽玉を引き連れた巫女が激突する。







地べたに這い蹲りながら、俺は目の前の戦いを凝視する。唯呆然と、目の前で起こっている天災のような戦いを見る。


その戦いに見惚れたわけではない。そもそも見ることすら満足に出来ないのにどう見惚れると言うのか。


ではこの戦いの原因の一端として見なければならないと思ったのか?否、そもそも偶然にも追われる事となった自分にそんな使命感など無い。


巫女に助太刀するため?出来るわけがない。そもそも自分が言っても足手まとい、邪魔になるだけだ。ならここにいるよりもとおくに逃げた方が自分のためにも最善のはずだ。


なのに何故、俺は逃げられないのか?


全身を震わせながらひしがきは懸命に身を伏せていた。顔は動かすことも出来ず正面を見つめ、しかし恐怖を浮かべガチガチと耳にうるさいほど歯を鳴らしながら涙を流している。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析