ハーメルン
幻想郷に中途半端に転生したんだが
男の子はたたかれて強くなるもんさ




人里の外にある田畑。そこは普段人が住まうテリトリーから外れるギリギリ一歩手前にある。


幻想郷に住む人間にとってそこは普通に考えれば危険区域。好き好んで出て来る所ではない。しかし、人里の人間全員が暮らしていくにはそれ相応の食料がいる。


里の人間が必要とする分の食料を得る為に、時に人は危険な場所へも足を運ばなければならない。




その中で特に人里から離れた田畑、その一角に少年がいた。


通常、里の人間が里から出る際には複数の人数徒党を組み尚且つある程度の備えをして出るものである。


しかし、里から最も離れた場所、つまり一番危険な場所にまだ幼い少年がたった一人でいる。それだけではない。少年の右腕と左足は骨が折れているのか木で補強されている。手足だけではない。胴体にも板が体を矯正するように包帯で巻かれたいた。


少年は松葉杖を突きながら畑の周りを歩いている。


少年は誤って此処まで来てしまったのだろうか?いや、そうではない。そもそもこんな大怪我をしている子どもがこんな所にまで出歩いている方がおかしい。本来ならば家で静かに療養するべきだ。


では何故彼はここにいるのか?自ら進んで来ているわけではない。彼がここに居るのは、それが彼の役割だからだ。


人里と言う社会から強制的に押し付けられた、辞することの出来ない役割。最も危険な場所での農作物の守護。そんな案山子のような単純で、唯相手にするのが鳥ではなく妖怪というだけの危険な作業が少年、ひしがきの与えられた役割だった。









目を覚ましたとき俺は人里に戻っていた。


運んでくれたであろう博麗の巫女の姿は無く、俺はそのまま里の医者に治療を施された後、ある程度体が動くようになるまで休んでいつもの生活に戻るように言われた。


……まあ、最悪体を引きずってでも行けといわれるんじゃないかと予想はしていたので俺は素直にそれに従った。これまで家にはあまり帰らずに里の宿舎に寝泊りしていたがさすがに今回ばかりは相手が悪かったので、里の誰からも咎められる事は無く俺は久しぶりに家でゆっくりと過ごした。


いつ以来だろうか…家族と家で一緒に過ごすなんて。久しぶりだからだろうか、貧乏子沢山で苦しい生活をしていたはずなのに、今の家はどこか余裕があるように見える。実際家で仕事を手伝っていた兄弟の何人かは寺子屋に通っていた。


いつの間に家計は安定していたのだろう?まあ、俺としてはゆっくり傷を癒しておけるならば言うことはなかったので特に何も聞かなかったが。




休んでいる間俺は色々と考えることが多かった。


まず一つが自分の力不足。雑魚妖怪相手に苦戦を強いられる自分だったが今まで何とか生き延びて(危ない時も多くあったが)来れたのでこれからも何とかなるのではないかと思っていたが今回の件でそんな楽観的な考えは打ち砕かれた。


よくよく考えれば人里を襲う妖怪は何も今まで相手にしてきた力の弱い妖怪ばかりではないのだ。そして今の自分がこれからも生き延びていくためにはあまりに力が脆弱過ぎる。


今回はたまたま助けられたが早々何度も都合よく助けは来ないだろう。今以上に生き延びる術が必要だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析