ハーメルン
喫茶リコリコで看板娘の奴隷やってます
みんなの責任が俺の責任



 廃墟と化したスーパーへと俺たちは避難する。
 いよいよ敵戦力と直接対決になりそうだな。
 ここからが役者藤宮天の腕の見せ所になるだろう、もう既に休ませて欲しいくらいに働いたが、失敗したら千束にどんな目に遭わされるか。
 想像しただけで体が震える。

「――はい、そのスーパーに移動しています。三人とも目立った怪我はありません」
『わかった。気をつけて行動してくれ』

 たきなが現状報告を終えて、こちらを見る。
 その緊張した面持ちは、危機的状況への感情だけではない。
 前回の護衛で失敗した事がかなり効いている。
 危険度で言えば前回と同じかもしれない。
 つまりは、再演だ。
 ここで失敗を挽回せんという熱意があるのだ。

 く、そう思うとお腹が痛くなってきた。
 この子の任務、これから失敗するんだよね……!

 でも、作戦は作戦だ。
 千束も恐らく悲しむだろう。
 あ……やっべ、これ正体明かした時の反応が途轍もなく怖くなってきた。
 骨一本で終わるか分からないレベルの仕打ち来そう。
 よし……リコリコ早く辞めよ。

「ここから敵を撒くため裏口に向かいます」
『包囲されてるんじゃないか?』
「最大予測員数は十人、スーパーを包囲するにしても接敵すれば一人か二人です。集団で襲われるよりも、少数で撃破しながら進めます」
『なるほど』
「前は私で。たきなは後ろお願い」

 おお、さすがは元DA本部のセカンドリコリス。
 素直に感心させられた。
 何処かの脳筋ファーストリコリスとは違うな。


「じゃ、付いてきて下さい」

 千束が低姿勢で先行して行く。
 俺もそれに倣って頭を下げながら進み出した。
 後ろのたきなは『本体』の入ったスーツケースを守りながら、俺の後を追……ん、足音が止まった?

 振り返ると―――。







 たきなside


 ウォールナットの背後に追従しようとした瞬間、空の商品棚五列を挟んだ物陰から武装した男二名が現れた。
 彼らが手にしている短機関銃に背筋が凍る。
 まずい――!
 私は直近の物陰……スーツケースの陰に身を伏せた。
 直後、火線の雨が私の傍を過ぎていく。
 静寂に包まれていた屋内が銃声に震えた。

「三人発見!銃を持ってる!」

 男たちの攻勢が続く。
 得物にかなりの差があるが問題ない。
 射撃の腕なら誰よりも自信がある。

 殺到する銃弾、でも無限ではない。
 敵が再装填に要する時間――そこに生じる空白に、私はスーツケースから体を出して反撃すれば良い。
 敵の位置は把握している。
 とにかく、撃つだけだ。

「―――ぃよいしょっ!」
「ぐ、がはぁっ!?」

 その間、千束さんが動いた。
 軽快に商品棚を足場に飛び上がり、一人を銃撃する。
 三発着弾し、苦しげな声が上げられた。
 音からして相変わらずの非殺傷弾。
 でも、ちらりと見えた相手は防弾チョッキを装備している。
 それでは致命打にならない。

 敵の銃撃が止んだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析