ハーメルン
bro(PSYCHO-PASS)
dear sis



・・・・・・・・・




公安局ビルを後にし、ケーキ屋へと車を走らせ、予め予約しておいたホールケーキを受け取る。

店員に"お誕生日おめでとうございます。大切な方への素敵な贈り物ですね"と声をかけられると、狡噛は困ったように頭をかいて笑みを浮かべ、何故か恥ずかしくなり、足早に店を立ち去る。


すっかり暗くなった空を見上げ、急いで自宅へと車を走らせる。



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
┈┈┈┈┈





海辺の低層マンション。
ハッキリ言って、都心の方の住居に比べれば、そこまでハイテクな最新のマンションでは無いものの、自然に囲まれ、目の前の美しい海が見える自宅はとても心地が良い。

公安局に入局し、ほぼ寝に帰るだけという状況ではあるが、穏やかなこの環境は、忙しない日々を忘れさせてくれるような、大事な場所でもあった。



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




車を駐車場に停め、大量の荷物を手にすれば足早に自宅へと向かう。



今日、定時に帰ることは伝えていなければ、帰ることすら伝えていない。…むしろ、仕事の関係ですれ違っていた為、会うのは3日ぶりだった。


突然帰ってきて、どんな反応をするだろうかと、内心ワクワクと気持ちが昂っていた。家の前にたどり着けは、デバイスで鍵のロックを解除し、ゆっくりと扉を開ける。



「………」

恐る恐る入るものの、気づいていないのか出迎えも、声すら何もしない。靴を脱ぎ、リビングへと続く廊下をそっと歩けば、扉を開く。



「舞白、誕生日おめ――」

灯りのついたリビング。ソファにゴロンと寝転ぶ妹の姿。学校の課題をしていたのだろうか、傍らのガラステーブルには参考書のようなものが転がっており、眠っている本人の顔の上には開いたままの本が被せられていた。

テーブルに置かれた数冊の本。
誕生日だというのに、相変わらず本を読み、いつも通り課題を済ませ、ソファで眠っている妹。

いつもと変わらないその様子に、少し寂しい気持ちが込み上げていた。

おそらく、誕生日である今日も兄は帰ってこないだろう、と。自分の誕生日さえ、気にかけない様子の妹を少し不憫にも思ってしまう。12月はただでさえ年末ということもあり、エリアストレス警報や事件が多い月でもある為、気にかけてやれないのが現実だった。



「………」

荷物をその場に置き、妹が眠っているソファの傍らへ腰を下ろす。顔に被さった本をテーブルへ置くと、じっと妹の顔を見据える。

たった3日会っていないだけだったが、どことなく成長している気がする。自分とよく似た目元に、知的な涙ボクロ。漆黒の長い髪の毛は艶々と光を放ち、以前までは"可愛らしい"なんて言葉が似合っていると思っていたが、そうじゃないと実感していた。

あんなに小さかった妹が、もう14歳。一回り離れている分、その成長にしみじみと感慨深さが込み上げていた。

サラッと髪を撫でてやると、狡噛は何か違和感に気づく。



「…………」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析