ハーメルン
未来と古来と異界のポケモン
少年と双子と改造土砂竜★



ヴィオ視点

~東3番エリア~


「ボルヴァァァァァァァアアアアアア!!!!」

現れたアナザーポケモンは咆哮し、頭部にいくつもあるある管のような部位から蒸気を噴射する

「うっわ……そうきたか……」
「どうしたのヴィオ姉?」
「いえ……なんでもないわ
それより来るわよ!」

アナザーポケモン……ええいめんどくさい
ボルボロスは頭を地面へと叩きつけてその頭で地面を削り取りながら突進する

「みんな横によけて!!」
「うおわぁ!?」
「あぶねっ!?」

ボルボロスは私達の方へと突撃してきた
かなりの速さだけど基本的に動きが直線的だから避けやすい

……と言いたかったんだけどなぁ

「うわぁぁ!?Uターンしてきたよ!?」
「もう一回真横に逃げろ!」
「よりにもよってそれもなのね……」

まさか亜種と同じ攻撃をしてくるなんて……やっぱ原種とは別物と考えた方がいいかぁ

ボルボロスは突進が空振った後頭を振り上げて頭部にある泥を撒き散らしながら急停止する

それにしてもストーリーズのモンスターがこっちに来るなんて……
それに考えたくも無かったし知りたくもなかったけどやっぱりミラボレアス……いや、ミラルーツが関わってるなんて

あのエッグマnげふんげふん、マネルガーは確かあの額の宝石を絆原石から掘り出したと言っていたかしら?
そうなると粉砕した後流石に回収しておきたいわね

「泥に足を取られかねないから気をつけて」
「あぁ」
「ねぇ……あの子って対空攻撃持ってるかな?」
「泥で打ち落とされたら多分まともに飛べなくされて地面に墜落するリスクもあるからやめておきましょう」

泥まみれにされてハンターすらも動けなくなるのよねぇ……あれ

それにさっきの突進……なんか全身が光ってたような気がするしあれってまさか『もろはのずつき』じゃないわよね……

すると突然ボルボロスの纏う金属鎧が光を放ち始めて頭部へと光が集まっていく

「まさか『てっていこうせん』じゃないわよね……」
「『アイアンヘッド』かも知れないから警戒しとけ……」

そしてボルボロスは地面をかなり強く踏みしめて大ジャンプする……ってはあ!?

「ボルヴァァァァァァァアアアアアア!!!」
「『アイアンヘッド』だ!!避けろぉぉおおお!!!」
「キャァァァァァァ!?!?」
「ヴィオ!!」
「ヴィオ姉!!」

私はあまりの驚きに足がすくみ、『アイアンヘッド』の直撃こそ受けなかったが頭部が地面へと激突した衝撃で発生した風圧で大きく吹き飛ばされてしまう

このままだと壁に……ッ!!

「ギギネブラ!俺を投げ飛ばせ!!」
「ネェェビュラァァァァ!!!」

するとギギネブラの頭に捕まったライズがこっちに投げ飛ばされてくる

ちょっと!このままじゃライズが下敷きになるわよ!

そしてそのまま私はライズ越しに壁に激突する
結構な衝撃はあったけどライズが間に挟まったお陰で大した怪我はしていない……けど

「がはっ!カッ……無事か……?」
「貴方が間に入ったから平気よ……じゃなくてそういう貴方は大丈夫なの!?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析