ハーメルン
【完結】龍教団物語
14話:ダンジョンへ行こう その3


ダンジョンに潜って、体感で10日ほど経った。
現在87層、肉体的よりも精神的な疲労が溜まってきている。
というのも、ここに至るまでずっと魔物と戦ってきたのだが、今までとは比較にならないくらい強かったからだ。
特に洞窟ドラゴン、ドラゴンを信仰する我々には倒しにくい……とかいうわけでもなく、普通にやたらと鱗が硬かったのだ。
また魔物たちの凶暴さと狡猾さも増し、不意打ちを仕掛けてきたり、罠を張って待ち伏せをしたりとこちらを疲弊させるような攻撃ばかりしてくる。
しかしながら、ルーナとセヴェロ、ジョンとカミラのコンビネーションによりなんとか乗り切っていた。私はつゆ払い係。
それに、何組かの冒険者たちの亡骸も見つけてしまい、お祈りをしてあげたりと、おかげで私たちはかなり消耗してしまった。
「ここまで深いダンジョンは世界新記録じゃないッスか!?」
訂正、マシニッサくんだけはやたらと元気であった。あまり戦闘に参加してないからなぁ!私もだけど。
とはいえ、彼の知識と能天気さがなければここまで来れていないだろう。
そういう意味では功労者とも言える。
だがしかし、いい加減帰りたい。疲れてしまった。あの小憎らしい院長の顔も恋しい気がしてくる。それはないか。
「お風呂に、入りたいですねぇ。包帯も換えないと」
こういったダンジョンだと四六時中銀の仮面と包帯をつけることになるルーナは、結構参っていた。
彼女の事情を知っている身としては、早く彼女を外に連れ出してあげたいものだ。
「はぁ……せめてここが最下層だったらいいんだけど……」
愚痴の一つも言いたくなるというものだ。
しかしながら、喜ばしいことにその愚痴は当たっていた。
ようやくたどり着いた87層の奥には巨大な扉があった。
今までのどんな部屋のものよりも大きく、荘厳な作りの扉だ。まるで神殿の入り口のような雰囲気がある。
「これはまさか……!」
「ああ、間違いないっスね……!最奥部、いわゆるボス部屋ッス!きっとそうッス!」
みんな目を輝かせるが、要するにこれまでで一番強い敵がいるということである。
「勝ちますよ!万全にしてから行きましょう!」
私達は扉の前で野営をすることにした。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇

流石にここまでくると魔物たちも襲ってこないので、安心して休むことができる。
食事や傷の治療もできるし、いいことづくめだ。
見張りは交代で行い、まずは私が見張りを担当することになった。
ウトウトしながらも辺りを見回っていると、ふと何かの気配を感じた。
殺気ではないが、何か嫌な感じがする。
なんと扉が少し開いており、こちらを覗く巨大な何かがいた!
「あのー、人の家の前でキャンプしないで欲しいんですけど……」
「ウワーッ!ごもっとも!」
覗いていたのはドラゴンであった!が、なんか会話が出来そうな感じだ。
私の悲鳴を聞いて、みんな飛び起き……ていない!超グッスリ!
「もしかして、あなたがここの主……?」
「そんなところなんですけど……」
どうやら話が出来るタイプのドラゴンらしい。私は意を決して話しかけることにした。
「私たちは愛の神龍クピドの信者。できれば戦わずにここを出たいのだけれど」
「なるほどですけど!」
意外とフレンドリーなようだ。良かった、これで平和的に解決できそう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析