ハーメルン
ナンバー1ヒーローの娘になった、悪の組織の改人系ヒロインのヒーローアカデミア
4 特訓

「やっほー。二日ぶりだね、少年」
「き、君は!?」

 ヘドロ事件の二日後。
 オールマイトが特訓場所に指定した海浜公園にて、緑谷は恩人である例の少女と再会を果たした。

「後継者に選ばれたって話だから、改めて自己紹介しておくよ。
 私の名前は『八木(やぎ)魔美子(まみこ)』。
 ナンバー1ヒーロー、オールマイトの娘です。どうぞよろしく」
「え……えぇぇぇええ!? オ、オールマイトの、む、むむむむむ、娘さん!!??」

 緑谷は大混乱した。
 プライベートが謎に包まれているナンバー1ヒーローに、まさかの娘がいた。
 しかも、ヘドロから助けてくれた恩人がそうだというのだ。
 頭の処理が追いつかない。

「あ、あの、その……こ、この前はありがとうございました!!」
「おー。これだけ混乱してて、最初に出てくるのがそれなんだ。確かに、後継者の資格ありなのかもね」

 魔美子は妙なところで納得した。
 まあ、だからといって、小姑の思考回路になんら変化は無いが。

「HAHAHA! 二人とも、仲良くやれそうで安心したよ!」
「ふふ。……そうだねぇ」
「!? な、なんか寒気が……?」

 その時、緑谷の背筋に謎の悪寒が走った。
 オールマイトも魔美子もニコニコしているので、気のせいだろうと判断したが。

「さて! 挨拶も済んだし、早速特訓を始めよう!」

 そんなオールマイトの一言により、今日の本題が始まった。



「ふんぬぅぅぅぅ!!」
「ヘイヘイヘイヘイ。なんて座り心地の良い冷蔵庫だよ」

 最初にやらされたのは、ロープをくくりつけた冷蔵庫の牽引。
 この海浜公園は海流的なあれで漂流物が多く、そこにつけ込んだ不法投棄もまかり通り、ゴミが多い。
 そんなゴミの一つである壊れた冷蔵庫にマッスルフォームのオールマイトが座り、それを緑谷が動かそうとしたのだが、ピクリともしない。

「ピクリとでも動けば、ちょっとは楽だったんだけどなー」
「アハハ! モヤシっ子だねー、緑谷少年」
「そりゃだって……オールマイト、274キロあるんでしょ……?」
「いーや。痩せちゃって、255キロ。この姿だと」

 必死に冷蔵庫+筋肉お化けを引きずろうとする緑谷と、それを見てユーモラスに笑うオールマイト親子。
 なお、娘の方の笑い方には、若干ほの暗いものが混ざっていた。

「というか、なんで僕は海浜公園でゴミ引っ張ってるんですか……?」
「それはあれさ。君、器じゃないもの」
「え!? 前と仰ってることが真逆!?」
「私が見初めたのは君の心意気! 今問題になってるのは身体だよ身体!」

 HAHAHA! と笑いながら、オールマイトは「器じゃない」と言われてショックを受ける緑谷をスマホでパシャパシャと撮影しながら、特訓の意義を語った。

「ワンフォーオールは、いわば何人もの極まりし身体能力が一つに集約されたもの。生半可な体では受け取り切れず、四肢がもげ爆散してしまうんだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析