ハーメルン
心が織りなす仮面の軌跡(閃の軌跡×ペルソナ)
7話「信頼」

 今日は4月17日、教官達と話し合いをした日から9日が経過した。あれから3日に1回のペースで旧校舎に入っているが、未だに魔物やペルソナについてはほとんどが謎のままだった。
 特に構造の変化する空間がネックだ。誰かが見ればいいと言うことは簡単だが、長時間変わらない道を見続けるのは難しい上に、見れる範囲にも限りがある。そのためあまり奥には行けず、短期間で戻らなければならなかった。
 行く回数を増やそうにも、あの空間は中にいるだけで疲れが溜まっていく。正に八方ふさがりな状況となっていた。

 旧校舎から戻ってきたライは今、自室で休憩していた。勉学に励む気力などあまり残されていなかったが、ある程度はやっておかないと授業に支障をきたしてしまう。ライは限りある余暇を休憩に当てていた。
 そう言う訳で椅子の上で休憩していると、個室のドアからノックの音が聞こえてくる。どうやら誰かが来たようだ。

「ライ、渡したい物があるんだけど、今大丈夫か?」
「リィンか、丁度休憩に入ったとこだ」

 鍵は元々掛けていないため、そのままリィンに入ってもらう事にした。
 遠慮なく中に入ってくるリィン。その手には一冊の手帳が握られていた。

「それは……」
「VII組の生徒手帳。トワ会長から皆に渡すよう頼まれたんだ」
「ハーシェル先輩に?」

 手帳をリィンから受け取り、中を確認する。1ページ目にはライの顔写真や心得が、その後には規則や校舎案内、長めのメモ欄に、VII組の戦術オーブメント《ARCUS》についての説明も書かれていた。

(ARCUSには通信機能もあったのか。後で詳しく確認しよう)

「それにしても、……部屋に物が無いんだな」
「……ん? ああ、買い物をする暇も無かったからな」

 リィンはライの部屋を見渡している。部屋に置かれているのは机とベット、クローゼットのみだった。全て元々あった備品である。今のライの私物は鞄などを除けば制服と、この町で購入した私服数着のみであった。

「買う暇もないって、そんなに忙しいのか? 最近妙に人付き合いが悪いというか……」
「悪い、今は言えない」
「……事情があるんだな。それなら今は聞かない。——でも、何時かは俺たちに教えて欲しい。俺たちはVII組の仲間なんだから」
「ああ、必ず」

 リィンの顔がトワと重なる。つまりは彼もライを心配していると言う事だろうか。
 そのことにライは申し訳なく思うが、今の状況を変える気はない。教官達も解明に向けて努力をしているのだ。ライだけが休むつもりは毛頭なかった。
 リィンもライの言葉からその意志を感じ取ったのか、別の提案を持ちかけてくる。

「それで、明日買い出しに行かないか。もちろんライの予定が空いてたらだけど」
「予定は無いが、リィンは大丈夫なのか?」

 明日は初めての自由行動日、いわば休日だ。多くの生徒はその機会に部活動を決め、2年間の青春の場を見つけるらしい。
 だが、ライは半ば部活動への参加を諦めていた。理由は言わずもがな、旧校舎の調査である。せめてもう1人ペルソナを使える者がいればライの負担は減るのだが……。
 けれどもリィンは別にライの様な面倒ごとを抱えている訳ではないはずだ。ならば部活動を探さなくてもいいのか、ライの目はそう言っていた。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析