ハーメルン
悪徳の都に浸かる
010 開戦の狼煙

11



「クソッ、どうなってやがる!?」

 ダンッ、と自らのデスクを叩き、ヴェロッキオはその額に青筋を浮かべていた。余りにも激しい彼の怒りに、同じ室内にいた部下の顔色は見る見るうちに悪くなっていく。ここで余計な口を叩こうものなら容赦ない制裁が待っていると分かっている手前、返答することすら儘ならない状況である。
 ヴェロッキオの怒りの原因は、彼がこの街に放った二人の殺し屋にあった。
 ヘンゼルとグレーテル。童話の名を冠する二人の子供である。だが子供だからと侮ってはならない。幼少の頃から殺しを仕込まれた彼等に美学はなく、拘りもない。故にどこまでも純粋に、単純に、二人は殺人という行為に没頭する。
 二人をロアナプラに放って約五日。既に犠牲者は十に達しようとしている。加えて言えば、その犠牲となった人間はそこいらのチンピラではない。黄金夜会直系の構成員、生粋の武闘派たちですらその手にかかっているのだ。
 そしてヴェロッキオが憤慨しているのは、正にこのことだった。

「俺はロシア人(イワン )東洋人( アジアン)を一人ずつ始末しろと言ったんだぞ! だってのに何だこの状況は!?」

 ヘンゼルとグレーテルはホテル・モスクワのバラライカとウェイバーを抹殺するために秘密裏に雇った殺し屋である。
 悪徳の都で多くの利権を有する黄金夜会の一角。一等の大悪党である二人を、どうしてヴェロッキオは狙っているのか。それはとても簡単な理由で、ロアナプラでの勢力を拡大させたいが為だった。
 過去幾度とない抗争の末に、黄金夜会と呼ばれる集団は誕生した。戦力の拮抗した状態で争い続けても得るものは疲弊ぐらいのものだ。それならばいっそ手を組んで、この街で得られる利潤を分配しようと考えられた。当然本当に協力体制を敷こうとしている人間など黄金夜会のメンバーの中には誰一人としていない。彼らに揃って下されている指令はロアナプラでの地位を確立させることであり、現在のこの状況は停滞に他ならないからだ。
 しかし、だからといって一つの組織が単独で行動を起こす訳にもいかない。
 そうなれば残りのメンバーはこれを口実にその組織を袋叩きにするだろう。利益の分配率が高くなる。それだけの理由で。
 
 ヴェロッキオは焦っていた。
 コーサ・ノストラの本部に居る大幹部から、一刻も早くロアナプラを落とせと圧力をかけられていたからだ。本部でのうのうと高級なソファに腰を下ろす大幹部どもは、今のロアナプラの状況というものを全くもって理解していなかったのだ。
 下手に行動を起こすことは出来ない。けれど本部からの命令に背くわけにもいかない。
 そして板挟みにあうヴェロッキオは、ヘンゼルとグレーテルという双子の殺し屋を秘密裏に雇い黄金夜会の一角を切り崩すという苦渋の決断を下したのだった。
 ターゲットとして選んだのはホテル・モスクワのバラライカとウェイバー。両者ともロアナプラきっての武闘派であり、その影響力は黄金夜会の中でも頭一つ抜けていた。二人を抹殺することに成功すれば、今よりも格段にこの街で動きやすくなると考えたのだ。
 そうして裏で行動を起こしたヴェロッキオは、無事双子をこの街に招き入れるところまでは成功した。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析