ハーメルン
悪徳の都に浸かる
013 GO THE EAST

「ねぇおじさん。そう言えば私、おじさんのこと全然知らないわ」

 始まりはそんなグレイの発言だった。
 俺が彼女を自宅に居候させるようになり、先日レヴィとの和解(?)も終えて数日経ったある日の夜。
 いつものように酒を飲みに街へと繰り出した俺の後ろを付いてきたグレイが、酒場の席に着くなりそう言ったのだ。確か今日は連絡会があったような気がしなくもないのだが、どうせ定時連絡だけのつまらない会合だ。そんなことよりも酒が大事である。
 新品同然の木製のカウンター席に並んで座る俺とグレイの前には、忙しなく動き回るメリーの姿があった。ついこの間殺されかけた相手が目の前に居ることに当初は怯えを隠せなかった彼女だが、俺が引き取った旨を話すと意外な程あっさりと納得してくれた。なんでも俺が傍に居れば問題ないらしい。ボディガードか何かと勘違いしてるんじゃないかメリーよ。
 俺の前にジンを、グレイの前にオレンジジュースを手際よく置いたメリーは、今しがたのグレイの発言に乗っかる気満々のようで。

「そういや私も昔のことって知らないわね。ここに来たのが四年前だし」
「別に話す程のことなんかないぞ」

 ジンの注がれたグラスを傾け、半分程をするりと喉に通す。
 ちらりと隣を見やれば、爛々と瞳を輝かせた銀髪の少女。正面に視線を移せば仕事をないがしろにした金髪のアメリカ人。どうも完全に包囲されたらしい。これは話さないと延々とゴネられるパターンだ。

「おじさんはどうしてこの街にいるの?」
「気付いたら立ってたんだ」
「記憶喪失?」

 いや記憶喪失でも冗談でもなく。

「そういえばウェイバーってさ、いつから黄金夜会に入ってんの?」
「ん? 発足当時からだけど」
「え」

 目を丸くしているメリーに、何か変かと返す。が、返ってきたのは間の抜けた生返事だけだった。
 ふむ。別段隠し立てするほどの事でもない。赤の他人にするような話でもないが、メリーやグレイが相手なら俺の口から語るのもいいだろう。
 過去十年間を遡り、ロアナプラでの出来事をゆっくりと思い出していく。
 そうだ、そうだったな。俺が『ウェイバー』となり、黄金夜会の一角にまで数えられるようになるには、幾つもの事柄を経ているのだ。それらの冒頭部分を少し、掻い摘んで彼女たちに聞かせよう。
 今から話すのは、二度目の人生を歩むこととなった俺の十年間の軌跡、その根源。陽の当たる表の世界から欲望渦巻く裏の世界へと、静かに沈んでいく物語。
 全ての歯車が微妙に噛み合わないままに築き上げられた、今の地位に至るまでの悪徳の都での物語だ。



 1



 東南アジア、タイの外れに存在する街ロアナプラ。
 この街は悪の巣窟などと呼ばれ、世界中の人からは忌避され、世界中の悪党からは愛される無法地帯だ。
 俺がそうこの街のことを説明されたのは、いつの間にやらこの地に立っていたあの日から数日経った頃だった。この街にしては珍しい優しそうなオッサンが教えてくれたのだ。どうやら俺のことを観光客か何かと勘違いしていたらしいのだが、今のロアナプラに来るなんて自殺志願者か何かかと笑われた。いや、俺としては全く笑えない。
 何でも今ロアナプラでは各勢力がこの地での利権を巡って血で血を洗う戦いの真っ最中なのだとか。それはもう、天下統一を目指してしのぎを削った戦国時代も真っ青の荒れ具合だ。夜中なのに炎で昼間のように明るいのは日常茶飯事。昨日までそこにあったはずの建物が無くなっていることも多かった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析