ハーメルン
悪徳の都に浸かる
006 四者四様デッドチェイス

 6



「女中ねぇ。おいガキ、もういっぺん言ってみな」
「何度でも言ってやるさ。ロベルタはお前なんかよりよっぽど強いぞ」

 ラグーン号を降りて、イエローフラッグへと向かうロックたち。その先頭を歩くレヴィとガルシアの二人の口論は、ロックの心配を他所に少しずつヒートアップしていた。
 今日は厄日か何かなのだろうかと頭を抱えずにはいられない。いつどこでガルシアの額に穴が開けられるか気が気でないのだ。レヴィは理屈よりも本能を重要視する人種である。そんな彼女と理論建てた話し方をするガルシアとは相性最悪で、ロックやダッチといった緩衝材が無ければとっくにカトラスが使用されていたに違いない。
 しかもダッチとベニーは二人のお守りをロックに放り投げ、もとい一任したらしく口を挟む様子がない。
 いよいよ以てロックの胃に風穴が開きそうである。
 そんな彼の精神的ストレスなど全く気にしない二人は、尚も口論を止める気配がないようで。

「面白え冗談だ。そいつが本当だってんならイエス様がルート66をチョッパー乗って吹っ飛ばしたっつっても信じるぜ」
「ふん、言いたいだけ言えばいいさ。ロベルタは本当に強いんだ、お前なんかすぐにやられちゃうさ」
「……ほぉ、是非とも拝見させていただきたいもんだなぁおぼっちゃま」

 レヴィの挑発に、ガルシアは小さく鼻を鳴らすだけだった。それが気に入らないのか、彼女の眉間には徐々に皺が寄っていく。こんなところで拳銃を抜かせるわけにはいかないとなんとか場を丸く収めようとするロックは、視線の先にようやく目的の酒場が見えてきたことに安堵した。酒場に入ってしまえばレヴィとて遠慮なしにブッ放したりはしないだろうと判断したからだ。
 普段通りであればロックの考えは間違っていない。イエローフラッグをこれまで幾度となく壊してきたレヴィとはいえ、その修繕費をウェイバーが賄っていることは承知していた。彼が関係している件であれば仕方ないと割り切れもするが、関係のないところで師匠たるウェイバーに迷惑をかけるのはレヴィにしても本意ではない。
 そう、普段通りであればなのだ。
 はじめにその違和感に気がついたのは、ロックの後ろを歩くダッチだった。

「おい、なんか様子がおかしくねぇか」
 
 次いでレヴィとベニーが、それぞれ視線を細める。
 ダッチに言われたことでロックもイエローフラッグをまじまじと見つめる。と、ここで入口から少し離れたところに倒れている男がいることに気が付いた。さらに酒場の壁にも弾痕らしきものが一面に刻み込まれている。周囲に人が集まっていないことから、ああなったのは今しがたのことのようだ。またどこかの酔った馬鹿が泥酔状態で乱闘騒ぎでも起こしたのだろう。そう考えていたロックだったが、どうもその倒れている人間の様子がおかしい。
 近づいてみれば、男の腹部には幾つもの風穴が開いていた。思わず口元を手で押さえる。身体から溢れ出す血液が地面を濡らしていく。凝固具合を見ると、やはりたった今撃たれたようだった。
 ということは、店内にはまだこれを撃った人間が居る可能性が非常に高い。

「ダッチ」
「こいつはよろしくねぇな。何が起きてんのかは知らねえが、こいつはマニサレラの構成員だ。俺たちが連れてるこのガキと無関係たあ思えねえ」
「僕もその意見には賛成だ。一刻も早くこの場を離れたほうがいい気がする」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析