ハーメルン
篠ノ之箒は想い人の夢を見るか

 目を覚ますと、私の視界には白い天井が飛び込んできた。
「ここは…………恐らく、IS学園の保健室か」
 静かな部屋で意識を徐々に覚醒させつつ、一人呟く。
 気を失う前の記憶を思い返して照らし合わせてみても、それ以外の選択肢はあり得ないだろう。

「アカツバキ、か……」

 そっと、気を失う寸前に思い出した言葉を口にしてみる。不思議なことに、もう頭痛は起こらなかった。
 だがその代わり、あんなに鮮明に見えた機体のシルエットはぼんやりとしか思い出せなくなっていたが。

「機体――ISだと分かっただけでも、先に進んだのかもしれないな」

 そう口にしつつ、念のため右にあった窓から外の景色を眺める。
 そこからは青く輝く海が見え、さらにその先には私たちの住む街の姿があった。
 つい二週間前まではあそこに住んでいたというのに、今ではどこか懐かしさまで覚えてしまっている自分に気付く。
 
 まったく、私らしくない……。

「これから先、どうなってしまうのかな……」

 両手で布団の端をぎゅっとつまみつつ、一人ごちてから軽く自嘲気味に笑う。
 らしくないな。これからどうなるかなんて、本当はある程度予想がついているというのに……。

 そんな感じでしばらく一人でいると、少しはなれた位置から「ぷしゅ」という、自動ドアの開く音が静かな室内に響き渡る。
 足音はふたつ。あいつらに違いない。

「箒、起きてたんだ」

 シャッという音とともにカーテンが引かれて私の目の前に現れた鈴は、目を合わせるなりそう口にした。

「ああ、ちょっと前にな」
「そっか」

 軽く微笑みを浮かべて鈴と言葉を交わしているとさらにカーテンが大きく引かれ、セシリアも内側へと入ってくる。

「いきなり頭を抱えて倒れた時は、どうなることかと思いましたが……今は回復なされたようで何よりですわ」
「自覚はなかったようだが、どうも結構疲れが溜まっていたみたいだな……心配かけてすまない。もう大丈夫だ、少し休んだら気が楽になった」

 半分本当で、もう半分は嘘。そんな配分で私は回答する。
 疲れが取れたこと自体は事実だが、さすがに倒れた原因までをも馬鹿正直に口にするのははばかられるからな。

「ところで箒、今後の予定なんだけどね……。あたしたち、IS学園(ここ)に留まることになったわ」

 話がひと段落ついたのを見計らって、鈴が重要事項を伝達する。
 果たしてそれは、私の予想通りの内容だったのだが。

「委員会から直々の命令で、私たち三人は入学式までIS学園で身柄を保護するそうですわ」
「妥当な判断だろうな。ここは世界一の堅牢さを誇っているし」

 IS学園には教員用の機体や訓練機、生徒の専用機が合わせて三十機近くも配備されており、世界一の保有数を誇っている。
 さらに世界各地から将来の国防の要や国家代表、各企業のテストパイロットの卵。そんな人たちが生徒としてやってきているため、セキュリティも頑丈ときている。

 加えて言えば、今はそれに人類最高(レニユリオン)地上最強(ブリュンヒルデ)までいるのだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析