ハーメルン
篠ノ之箒は想い人の夢を見るか
入学

 漆黒のISを纏う、銀髪の少女――ラウラ・ボーデヴィッヒの姿が、直下で燃え盛る炎によって照らし出された。

「貴様……一体何者だっ……!」

 ラウラは鼻腔をイヤと言うほど刺激する焦げ臭い匂いに顔をしかめつつ、オッドアイの双眸で「白い翼を生やした男」をひたすら睨み据える。
 一方の男は、そんな彼女を無感情に見下ろす。腕組みを崩そうともしていないあたり、彼は明らかにラウラの力を見くびっている。

「はぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」

 怒りの咆哮とともに少女は勢いよくスラスターを全力噴射。愛機の手にプラズマ手刀を展開し、高速で接近する。
 目の前の奴が男性操縦者(イレギュラー)だとか、なぜ零落白夜(世界最強の武器)を持っているのかといった謎は、今のラウラにとってはどうでもいい事だった。
 ただ、目の前の男を殺せればそれでいい――!

「終わりだぁっ!」

 叫び声と同時に男の喉首めがけ、ありったけの憎悪でもってプラズマ手刀を振り下ろす。
 それは満身創痍のラウラにとって、最後の力を振り絞った渾身の一撃。
 ――だが、腕組みを解いた男は高速で武装を展開。呼び出した光の剣で、あっさりとラウラの攻撃をいなしてしまう。

「…………」

 無言のまま、間髪入れずに男はカウンターとして剣でラウラを斬ると続けざまに回し蹴りを放つ。吹き飛ばされたラウラは地面へと強かに打ち付けられ、身に纏う漆黒のISの展開を解除させられる。
 決着が、ついた瞬間だった。もはやラウラに残された選択肢はない。

 ――あとはせいぜい、首を刎ねられるのが関の山か。

 顔を上げたラウラの視界に見えたのは、気だるげに近づいてきた男の姿。やがて間合いに入ると、彼は両手持ちにした剣を頭上に振り上げる――だが、いつまで経っても剣は振り下ろされない。
 観念して目を瞑っていた少女がゆっくりと瞼を開く。すると、そこには何故か剣を量子格納する男の姿があった。

「……ちっ」

 彼は舌打ちとともに少女を一瞥。そのまま背を向けて白い翼を最大限に広げ、どこかへと飛び去っていった……。

◆◆◆

「待て、逃げるなっ!!」

 静寂の支配する真っ暗闇の中で、少女――ラウラの絶叫が響き渡った。彼女は目を開けると同時に上体をベッドから起こし、続いて辺りを見渡す。そこはさっきまでの瓦礫の中ではなく、祖国(ドイツ)から遠く離れた異国の、空港近くのホテルであった。

「夢、か……」

 意識をにわかに完全な状態まで覚醒させたラウラはそう胸中で断じてから、すっと足をベッドの外へと伸ばす。身体には黒と赤で彩られたレッグバンドを除いて何も纏ってはいないため、白い肌にいくつも浮かんでいる大粒の汗がフローリングへと零れ落ちていった。

「……喉が渇いたな」

 ラウラは一人そう言うと、ベッドのすぐ脇に置いてあったミネラルウォーターのボトルを少し荒っぽい手つきで掴む。
 あの日以来ラウラはよく悪夢を見るようになったため、汗だくになって起きることが増えた。寝床のすぐ脇に水を置くのはもはや欠かせない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析