ハーメルン
篠ノ之箒は想い人の夢を見るか
香港事変・後

 鈴が連れ去られてすぐに私は打鉄を展開して麓まで一気に駆け下りる。
 指定された墓場までなるべくISを展開しないほうがいい。そう思っていたとはいえ、さすがにバスで30分かけて下山している余裕など今の私にはなかった。
 そこから走り出しつつ、姉さんからの通信で聞こえてくる、鈴を連れ去った犯人の情報を頭に入れていく。

 敵のパイロットは元中国代表候補生候補の森 玲夜(シン・レイヤ)といい、祖父がイギリス人であったために候補生試験に落ちた女性らしい。

 ロシア代表に日本人が選ばれたというケースからも分かる通り、あまりISの国家代表には出身に左右されない面を持つ。
だからこそ「中国はIS界隈でも血統主義を貫いてる」というのは、あまりにも有名な話だった。

 その報復として玲夜は候補生を三人殺し、現在は塀の中にいるという。
 だが、どんな魔法を使ってかは知らないが脱獄し、専用機を駆って私たちの前に姿を現した。しかも、その専用機は窮奇(きゅうき)という名前以外、姉さんでも分からない機体だという。
 だが、そんなことはどうでもいい。相手が誰であろうと、私は一刻も早く鈴を救い出さなければならないのだから。

「鈴……ッ!」

 思わず、あいつの名前が口から漏れる。鈴――凰鈴音は私にとって、ただの親友ではない。
 私たち、篠ノ之家を一家離散から救ってくれた、かけがえのない恩人なのだ。

 小4の頃、ちょうど私のクラスに転校してきたあいつは言葉の壁もあり、周りに対して強気に出て孤立していた。
 その頃、私も周りから距離を置かれていた。
 姉さんの発明――ISによって世界が変わり始めていた時期だったというのもあるが、人付き合いが人並み以上に苦手だったというのもある。
 そんな、いわば「あまり物」の私たちが仲良くなるのには、そう時間はかからなかった。
 いつも一緒にいるようになり、何度も二人で篠ノ之神社の秘密の場所で遊んだりもした。

 そんなある日のことだった。私たち一家に、重要人物保護プログラムというものが適用されようとしたのは。
 要するに家族を人質にして姉さんへの脅迫を防ぐべく行われる、政府主導の一家離散。長い名前の割にはひどく単純であり、かつ私にとっては受け入れ難いものだった。

 家族の事も家そのものも大好きで、せっかく友達も出来たのに、それなのに……。

 鈴にいつもの場所で打ち明けると、あいつは姉さんに直談判してこう言ったのだ。

「あんた、天才なら妹のお願いくらい叶えてあげなさいよ!」

 その一言を聞いた姉さんは政府に交渉、プログラムの適用をなんとか回避する事に成功。そうして今に至る。
 ちなみにそれがきっかけで鈴は姉さんとも親しくなり、ある時期なんかは私よりも距離が近かったとさえ言えるようになっていた。

「絶対に、助けてやる……!」

 決意を再び口にしていると、目の前に一台の無人タクシー――完全自律式AIが運転するタクシーの事だ――が停車し、ドアをぱかり、と開く。

「その無人タクシーは束さんが今手配したやつだから、早くそれに乗って。目的地もすでに入力してあるから!」

 再び繋がった姉さんからの通信が、そう告げる。
 正直に言って、戦う前から体力を消耗するのは避けたかった。このタクシーは渡りに船といったところであろう。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析