ハーメルン
篠ノ之箒は想い人の夢を見るか
貴族少女とサムライガール

 起きてすぐに朝食をとると飛行機はロンドン空港へと着陸したが、身体には森玲夜と戦った時の疲れが残っていた。
 打鉄とてダメージが蓄積しており、とても展開できるような状態ではない。もし今すぐにでも敵に襲われたら、今度こそひとたまりもないだろう。
 そしてそれは、十分にありうる可能性でもある。

「箒ちゃん。もしかして敵が襲ってきたらどうしよう、とか考えてない?」

 知らず知らずのうちに、顔に出てしまったようだ。姉さんが私に声をかけてくる。姉さんの後ろでは鈴も心配そうな顔をしている。これでは隠し通すのは無理だろう。

「……これだけ短期間に、二回も襲撃があったんです。怖いに決まっています」
「まぁ、無理もないわよね」

 鈴が相槌を打ちながら、ようやくベルトコンベアに流れてきた荷物を持ち上げる。これで全員分の荷物が手元に戻ってきたので、並んで到着ロビーに通じている自動ドアをくぐる。

「確か、空港まで迎えが来ているのでしたっけ?」
「うん。向こうにも香港での事件の話はしているから、ちゃんと護衛として役に立つ人をよこすってさ」

 左右に視線を走らせその迎えの人を探しながら、姉さんと言葉を交わす。温泉街と香港、どちらでも襲ってきた敵はISである。そのため、護衛はIS乗りだと見て間違いないだろう。専用機持ちならば敵ISの急襲にも対応できるからだ。

「ねえ箒、あそこにいるのってもしかして……セシリア・オルコットじゃない?」

 鈴が入口近くの一点を指差す。そこにはブロンドのロングヘアの少女が立っていて、頭上に「Shinonono」と書かれた紙を掲げていた。

「ああ、確かにセシリアだな」
「箒って、セシリア・オルコットと知り合いだったの!?」

 鈴は驚きの声を上げるのも、まぁ無理もないだろう。セシリア・オルコットはイギリスの代表候補生であり、ただでさえそれなりの知名度を有しているのだから。
 ……もっともモデル業や女優業のほうが有名で、本職であるIS乗りとしての知名度は日本ではそこまで高くないのだが。

「前に一度、試合をしたことがある。その時に仲良くなってな、色々話したりもした」

 私と鈴で話し込んでいると、セシリアもこっちに気がついたようだ。手をぶんぶんとふりながらこっちに駆け寄ってくる。

「箒さん、お久しぶり! 香港では大変でしたわね」
「ああ、本当にな……あと一歩で死ぬかと思ったよ」
「……ところで、そちらの方は?」

 きょとん、とした顔でセシリアは鈴を見る。初対面だし無理はないのだが。

「箒の友達の凰鈴音よ。よろしく、セシリアさん」

 すっと右手を差し出しながら鈴が言う。普段のこいつを知っているからか、その仕草や言葉からは若干のぎこちなさを感じずにはいられなかった。

「温泉街で襲われたとき、一緒にこいつもいたんだ。かなり近い位置で例の男の姿を見ている」
「そうでしたか」
 
 セシリアは私が追加した情報を聞いて頷くと、すっと右手を鈴に差し出した。

「改めまして鈴さん、イギリス代表候補生のセシリア・オルコットです。わたくしの事はセシリアでいいですわ」
「えっ……そう。それじゃあよろしく、セシリア。いやぁ、代表候補生が相手だと緊張しちゃっててさぁ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析