ハーメルン
篠ノ之箒は想い人の夢を見るか
跡地にて

 敵のビームを避けながら直進すること数十秒、私は敵ISと近接戦闘を行えるくらいの距離にまで接近する。
 セシリアの専用機『ブルー・ティアーズ』は砲撃戦を主軸に据えた機体なので、私とは違い一定の距離を保っていた。

「……剣!?」

 敵の一機が私の接近を確認し、武装を量子展開する。
 それは私の背丈の半分ほどの大きさもある、中世の西洋剣を模したものであった。

『敵発見。これより攻撃を開始』

 温泉街に現れたそれと同じく、無機質な声で無人機は言い放つ。
 そして有言実行と言わんばかりに攻撃を開始し、私に向かって両手で構えた剣を振り下ろそうとする。
 だが……、

「遅いッ!」

 鋭い横薙ぎの斬撃を敵よりも素早く浴びせ、無人機の肘から上を切断。
 突如腕がなくなったことでエラーでも生じたのか、無人機はその場に数瞬だけ、糸の切れた人形のように硬直してしまう。
 そしてそれは、スナイパーにとっては十分すぎるほどの隙であった。

「セシリアッ!」
「お任せください、箒さんっ!」

 私の掛け声と同時に、セシリアはその手に握っている大筒状のレーザーライフル『スターライトmk-Ⅲ』を素早く無人機に向け、トリガーを引く。
 刹那、無人機の身体を光の矢が貫き、物言わぬ屑鉄と化したそれは地上に落下していく。

「まず一機!」

 セシリアのその言葉を耳にしながら、打鉄正宗のスラスターを吹かせ右隣に浮かんでいた無人機へと接近。そのままの勢いを維持して篠ノ之流剣術「流星刺突剣」を繰り出す。
 だが、無人機はこちらの行動を読んでいたようである。
 私の接近に対し、敵は「一時的にPICをカットする」という奇策に走ったのだ。
 これにより無人機は重力に引っ張られ、私の剣が当たらない位置にまで落ちていく。

「正直予想外だな。だが、それも――」
「私たちのコンビネーションの前には、無駄な努力だと言わせていただきますわ!」

 ブルー・ティアーズの非固定部位には板状のパーツが4枚あるのだが、それらがセシリアの指示と共に分離、独立して飛行を開始する。
 これこそ彼女の機体、その名前の由来ともなった特殊武装「ブルー・ティアーズ」のビットだ。
 ビットは無人機が落下した先に移動すると先端の銃口からビームを放ち、それを串刺しにする。

「これで二体目!」

 私が口にすると同時に、最後の一機めがけて攻撃を開始する。
 まずはセシリアがビットを使い敵の逃げ道を封じ、それと同時に私の「打鉄正宗」の右腕に装備されたマシンガンを乱射してシールドエネルギーをじわじわと削っていく。

「はぁぁぁっ!」

 そしてじゅうぶんな位置にまで接近すると、近接ブレードで袈裟切りを放ち急速離脱。
 これくらいの損傷なら、まだ敵機は動ける。それは温泉街での戦闘の際に身をもって分かったことだ。だが……、

「これで終わりですわ!」

 傷口にビームのシャワーを浴びせれば、また話は変わってくる。
 私が離れてすぐに、セシリアはビットを盾に並べて一斉射撃。正確に損傷部位に熱線を浴びせていく。
 数秒と持たずに無人機は内部から爆発、残骸は真下の草原に転がっていった。

「楽勝、でしたわね!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析