ハーメルン
篠ノ之箒は想い人の夢を見るか
甲龍

 突如現れた謎のISというシチュエーションにはこの春休みで慣れてしまった。
 だが今回は操縦者は謎ではないし、現れたISも敵ではなく味方だった。
 なにせ私の小学校時代からの友人・凰鈴音が動かしていたのだから。
 鈴の駆るISは、一対のトゲ付きの球体状を非固定部位として浮かせた機体で、左手には巨大な青竜刀が握られている。
 青竜刀はゴーレムの脳天めがけて投げられたものと同じ形状をしており、おそらくは二本で一セットの武器なのだろう。

「その機体はどうしたんだ、鈴……」
「説明は後! それより箒、早く使って!」

 鈴が銀色に光る、細長い形状をした物体を私めがけて投げ渡してくる。

 それは打鉄・正宗専用の予備パーツとシールド・エネルギーがインストールされているユニットで、姉さんの因幡にストックされていたものである。

 「スポーツとしてのISの試合」ではとうの昔に使用禁止となっているものであるが、今回のような襲撃に備えて持ってきていたのだ。

「ありがとう、鈴!」
「お礼なら後で、それを渡してくれた束さんにしなさい!」

 この会話を終えたあたりで、ようやくゼフィルスのパイロットも我に返ったらしい。
 ちょうど私が応急修理用のユニットを差し込んだあたりで、ゼフィルスは細長いレーザーライフルを私に構え始めた。修理中は私の身動きは封じられる。このままでは直撃は免れないだろう。
 だが――。

「させるかぁッ! 『龍咆』!」

 鈴の威勢のいい叫び声とともに非固定部位の球体の表面がスライド。そこにあった砲口が一瞬光った直後、ゼフィルスのライフルが大きくひしゃげる。

 一体何が起こったのだろうか? 私には皆目検討がつかなかった。

「セシリア、何が起こったかわかるか?」
「さぁ、わたくしにもちょっと……」

 一応セシリアにも聞いてみたものの、やはり分からないようだった。困惑した表情でゼフィルスを注視している。
 私たちが戸惑っている間にゼフィルスは充電のためにビットを戻すのと並行し、使い物にならなくなったライフルを投げ捨てる。次の瞬間それは爆発を起こし、暗いアリーナの中を一瞬照らした。

「ちっ、まさか衝撃砲がここまで厄介だとはな……予想外だったよ」

 舌打ちしてから、ゼフィルスのパイロットはそう吐き捨てる。その口ぶりから察するに、まるで以前から鈴の機体を知っているかのようだった。

「あんた、あたしの甲龍について知ってんの?」

 少しだけ驚いた顔をして、鈴がゼフィルスのパイロットに問いかける。なるほど、あの機体の名前は甲龍というのか……。

「さぁな……倒して吐かせてみればいいんじゃないのか?」
「実にあたし好みの答えね……いいわ、とっととぶっ倒してあげるッ!」

 鈴の叫びがアリーナじゅうに響き渡ったかと思いきや、次の瞬間には甲龍のスラスターの発する轟音にかき消される。

「猪突猛進とはな……そんな安直な行動で、この私を墜とせると思うなッッッ!」

 ゼフィルスは充電が完了したビットを再展開、そのまま鈴に向けて不規則な軌道で迫っていく。
 もちろん鈴にとって、これが初めての命がけの戦闘だ。そんなあいつに、いきなりビットの相手は荷が重過ぎる。


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析