ハーメルン
どうしてこうなった?
第一話


 どうしてこうなった?




 俺の目の前には果てしなく広がる草原、遠くを見れば日本では見られないような雄大な山脈が連なっている。まるで何がファイナルか分からないファンタジーゲームに出てくるような大自然が目の前には拡がっていた。
 お、落ち着け。まずは素数を数えるんだ。1・3・5・7……あれ? 素数って1からだったっけ? ……まぁそんなことはどうでもいい。まずは落ち着くんだ。目を閉じて大きく深呼吸。
 すぅぅーー、はぁぁーー……うん、目を開けてもやっぱり大自然だった。

 う、うろたえるんじゃない。男子高校生はうろたえない! そう、まずは現状の確認だ。
 ……俺の名前は北島(きたじま) (しょう)。東京都内の高校に通う普通の高校生だ。OK、意識はハッキリしているようだ。さて次だ。どうしてこんな場所にいるんだ? 順序立てて思い出してみるか。
 何時も通りに朝起きて、母ちゃんの作った朝飯食って、適当に髪を整えて、出来るだけぎりぎりに家を出て学校への通学路を歩いていた、はずだ。そしたら何の前触れもなく目の前が大草原だ。トンネルも抜けてないし光る鏡も通ってねえ。俺の通っている学校はいつからファンタジーとクロスしたんだ? クロスするならすると生徒には通達しろよ。これじゃ遅刻しちまうだろうが……などと現実逃避した思考をしながら俺は立ち尽くしていた。


 ……どうしてこうなった?





 この異世界? に来てから約半年ほど経った。そう異世界だ。おれはこの世界が俺のいた世界ではないと判断した。
 あの後、なんとか平静を取り戻した俺は、取り敢えず人を見つけようと歩き出した。周囲を見渡すと遠くに煙が立っているのが見えた。もしかしたらそこに人が居るかと思い、煙を目指して歩いた。幸いにして辺りは急な山岳ではなく揺るやかな野原だったが、都会っ子にはかなりきつい道のりだった。2~3時間くらい歩いたらようやく町と思わしき場所にたどり着いた。マジ疲れた。こんなに歩き続けたのは人生で初めてだよ……。
 遠くからも見えた煙は多分石炭か何かを燃やしている煙みたいだな。何かめっちゃ黒いし煙たいし、何となくテレビで見た炭鉱のある町、みたいな感じの町だ。自分で思っててなんだがそのまんまだな。んで、俺がここを異世界だと思った理由なんだが、明らかに周りの人間は日本人とは思えない外人チックな奴らばかりなのに会話は全部日本語に聞こえている上に、店と思わしき建物に書かれている文字は明らかに日本語ではなかったからだ。
 
 なんだこれ? 違和感ばりばりなんですけど。
 取り敢えず周りの人に話を聞いて情報収集しなきゃいけないな。人見知りが多少ある俺だが、この状況ではそんなことも言ってられない。なんせ自身の生死が懸かっているからな。人見知りだなんだと言ってられない。日本語が通じるのが幸いだ。……どうして日本語が通じるんだ? あれか? ご都合主義ってやつかな。どうせご都合主義ならチート能力でも付いてくれよ。
 聞いた所によるとこの町はゴルシェというらしい。主に炭鉱を生業にしているそうだ。ちなみに、日本? なにそれおいしいの? だった。他にもアメリカや中国、ヨーロッパ方面の国の名前を聞いてみたが全部駄目だった。ここはアイジエン大陸だって? 知らんわそんな大陸。やっぱり異世界だワロス。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析