ハーメルン
どうしてこうなった?
外伝

 1985年11月8日21:35



 本日、道場を閉めた後に先生に呼び出された。何でも二人きりで話がしたいとか。一体どうしたというのでしょうか? 修行に付き合うのならともかく、話がしたいとは先生にしては珍しい事ですね。



 先生……リュウショウ=カザマ先生。私の武と人生の先達。
 初めて先生に会ったのは、もう50年以上前になるのですか。あの頃のワタクシはまだ子どもでしたね。年齢だけではなく、その考え方も。武を学びたいと思ったのも、ケンカで男の子に負けたのが理由でしたしね。

 お爺様が紹介してくれた武術がこの風間流合気柔術でした。初めて見た先生は……その、お世辞にも強い方だとは思いもしませんでした。何せお爺様よりも高齢でしたし、見た目もあの当時は普通の老人にしか映らなかったんですもの。

 武術も入門当時は理解出来ないものでした。あれほど心源流拳法に入門したいと言っていたのに。始めはお爺様を恨んだりもしたものです。もっとも、今ではとても感謝していますが。

 先生を初めて心の内より尊敬の意を込めて、“先生”と呼んだ時の事は今でも覚えています。
 あれは、そう。私が入門して1ヶ月程経った時の事でしたか。
 いつものように役に立つのか分からない武術に疑問を感じながらも習っていた時、道場に道場破りがやって来たのです。先生は天空闘技場の元フロアマスターだったので、先生を打倒し名を上げる為に来たのでしょう。

 道場破りの見た目は筋骨隆々の2mを超える大男。対する先生は170cmほどの痩せた老人。勝てる訳がない。そう思っていた私の考えを、先生は意図も簡単に覆してしまいました。

 道場破りが何度殴りかかろうともその拳は先生に届かず、逆に何度も宙を回転し地に優しく降ろされていました。大男が先生の胸ぐらを掴んだ瞬間、地に臥せていました。まるで魔法を見ているかの様な光景……私はこの時初めて風間流の魅力に憑りつかれたのです。
 先生の一番弟子になれて本当に良かったと実感しましたね。

 それからの月日はとても楽しかった。一度理解できれば柔の理を突き詰めるのはとても楽しい事でした。先生もスジがいいと褒めてくださり、私はまた褒めてもらいたいとの思いでより一層努力したものです。

 そんな尊敬する先生が初めて敗北した時はショックでした……。
 ネテロのやろ……ネテロ会長との戦いはとても凄まじく、未熟な私にはとても理解の追いつくものではありませんでした。その戦いの後に先生とネテロ会長は意気投合してしまい、それ以来ずっと研鑚を積む仲となってしまいました……。

 いつか必ずネテロのジジ……ネテロ会長を足掛かりとしてさらなる武の極みに立つとワタクシは信じております。実際1ヶ月前に行なわれた試合では先生が見事に勝利なされましたしね。ネテロ会長が敗れた時の筋肉ぶりっ子……ビスケットさんの悔しそうな顔は今でも鮮明に思い出せます。

 ……ああ! つい過去の思い出に浸ってしまっていました。これ以上先生をお待たせするわけにはいきません。道場へ急がなくては。



「先生。遅くなりまして申し訳御座いません」
「ああ、構わない。戸締りごくろうだったね」

「いえ。大したことではありません。それで先生、話とは一体何なのでしょうか?」
「うむ。リィーナ。お前にこれを授ける。受け取ってほしい」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析