ハーメルン
美月転生。~お兄様からは逃げられない~
第十一話 美月の瞳と仲直り

あの日、美月にキスをされた日から美月は全く私たちに絡んでこなくなった。
あの日のことは忘れよう、とそういうことなのだろうか。お兄様以外の男にキスをされるなんて考えるのもおぞましいことではあるが、女同士であった出来事だ、私も大事にするつもりはない。きっとこれで良かったのだろう。


数日が過ぎる。
未だ美月は一切接触してこない。私だって向こうから声をかけてくるのなら無視をする気はない。謝ってくれるならこの前のことを許すことも吝かではない。全ては美月次第だ。


さらに数日。
私は全く問題ないが、そろそろ美月が謝りたいのではないだろうかと美月のクラスを覗きに行く。美月は何やら友人らしき女の子と親しげに会話をしており、こっそり覗いている私には見向きもしない。

私にあんなことをしておいて他の女の子と仲良くしているなんて……。

ま、まあ私には関係のないことだ。


関係の…ないことだ。

無意識に自分の唇に触れてしまう。そこにはまだあのときの感触が残っている気がして、熱が残っている気がして……って私は一体何を考えているの!

もう考えないようにしようと思えば思うほど美月のことばかりが頭に浮かんで、そして、あのときのことが鮮明によみがえる。



「美月」


結局、私から美月に会いにきてしまった。


「深雪さん!うぅ会いにきてくれたのはすっごく嬉しいんだけど……その、ぼくの視界に入らないでくれるかな 」

「」


きっと今の私の顔はとてもお兄様には見せられないくらい間の抜けた顔をしていることだろう。


「ああ、違うんだ!本当だったら何万時間だって深雪さんを見ていたいんだけど……その今日はちょっと持病が……」


持病?まさか美月が病気だっただなんて……。
あんなに元気に運動だって出来ていたし、明るくてはしゃぎ回ってる美月が病気だとは、思いもしなかった。はっ…!もしかして美月の言動がたまに頭を疑うようなものなのはその持病のせい……



「うん、深雪さん、たぶん今考えてることは全くの見当違いだから!そしてぼくを可哀想なものを見る目でみないでくれるかな!ぼくの言動がおかしいのは病気じゃなくて自前だよ!元からおかし……ってぼくは別におかしくないから!」

「それはないわね」

「うっ…酷い」


どうして私の思考を読めるのかはともかくとして、自分の言葉に自分で怒るのはやっぱり美月はおかしいということの証明なのではないだろうか。


「も、もうその話はおしまい!どう考えてもぼくが追い詰められるから!」


どうやら美月も本当は自分が変人だということを認めているらしい。


「認めてないよ!?そして流石に変人は酷いと思う!」


美月の大袈裟な反応につい小さな笑いが漏れてしまう。


「ふふっ、ごめんなさい、あんまり美月の反応が面白いものだからついつい遊んでしまったわ」

「うう、深雪さんが意地悪だ…この小悪魔め!……でも可愛いから許しちゃう!」


やっぱり美月は変人だった。いや、変質者だろう。


「そろそろぼく泣くよ!?今のぼくには深雪さんの考えていること丸分かりだからね!?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析