ハーメルン
美月転生。~お兄様からは逃げられない~
第十七話 お兄様の計画

薫は門人達を完膚なきまでに叩きのめし、堂々とした足取りでぼくたちのいる本堂の前までやってくると、気だるげに頭を掻きながら一言。



「……あー、なんだ。これはアタシが嵌められたってことでいいのか」

「痛い!痛いよ薫ちゃん!」


薫は九重八雲先生の頭を掴むとギリギリと握りつぶすように力を込める。
あれは痛い!ぼくも幾度となくやられてきてるけどいくらやられても慣れる気配はない。



「僕は頼まれたんだよ!達也くんに!」

「そんなことは分かってんだよ、アタシが言いたいのはなんでてめぇーはそうアイツに手を貸しちまうのかってことなんだよ!」

「だって仕事の依頼ってわけじゃなかったし!ほら、美月くんもいるじゃない!」

「あっ?」


達也が目に入った時点で頭に血が上っていたらしい、今時のキレやすい若者の薫は、散々九重八雲先生を痛め付けたところでやっとぼくの存在に気がついたようである。ちょっと悲しい。


「うー、しくしく、薫が無視するよー」

「……」


ぼくが薫の気を引こうと泣き真似をしてみるけど冷たい眼差しで黙殺された。すごく悲しい。


「で、なんでお前はここにいんだ?それも大事な妹様と彼女様を連れて」

「俺はほぼ毎朝ここで修行をさせてもらっている。この時間は大体いるが?」

「そんなことは知ってるんだよ。その『大体』から外れて(・・・)んのが日曜日だろうが」

「……知ってたのか」

「その日はここに来るの避けてたからな、んじゃ、てめぇの悪巧みを吐いてもらいましょうかね」


薫が達也を引きずるようにして本堂の裏に連れていってしまった。うん、達也よ、短い間だったけど良い彼氏だったよ。



「というわけで深雪、ぼく達はぼく達で楽しもうか……ぐふっ」

「お兄様ー!?私少しまずい状況に!?」





妹が窮地に追い込まれているころ、達也もまた別の修羅場の中にいた。



「で、なんでアタシを駄師匠に頼んでまで呼び出した?」


薫はそう頻繁にはこのお寺にやってこない。それが早朝ともなればなおのことだ。
今日、わざわざ薫が足を運んだのは九重八雲からの連絡を受けたため。
九重八雲からの呼び出しというのは滅多にあるものではなく、素直に応じてしまったのだ。
が、蓋を開けてみればそこには両手に花状態の達也がいた。達也はほぼ毎朝、九重八雲の元で修練を重ねているが、日曜日の朝だけは例外だった。中学生にして既に多忙である達也はフォアリーブステクノロジーにて仕事をするため、日曜日の朝はほとんどこのお寺にはやってこない。それを薫は知っていたからこそ、朝早くからの呼び出しに応じたというのもあるわけだが……。

薫は一瞬にして自分が嵌められたことを悟った。
達也が九重八雲を使って自分を呼び出してもらったのだと。
九重八雲の少し申し訳なさそうな顔と、達也の計画通りと言わんばかりの顔を見ればそれは確定だった。





[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析