ハーメルン
美月転生。~お兄様からは逃げられない~
第八話 日陰者と親友の密談

昼休み、いつものようにC組の友達の元を訪れ昼食を食べたぼくは柴田さんの親友である桐生(きりゅう)さんに「面貸せ」と呼び出され空き教室に来ていた。
まさか女の子から呼び出されるという奇跡のイベントがこんな「ヤンキーに脅されるガリ勉」みたいな感じで消化されることになるとは思わなかったです。

桐生さんは大和撫子みたいな容姿で司波さんがいなければ学園一の美少女と言ってもいいくらいの人なんだけど、中身はまるで逆だ。
男っぽい口調にサバサバした物言いで、ぼくなんかよりよっぽどイケメンである。



「お前さー美月のこと好きだろ」

「なな何を言ってるのかちょっと分からないかなっ!?」


空き教室に入ってすぐ鍵を閉めた桐生さんは、ニヤリっと肉食獣のような笑みを浮かべてそう言ってきた。流行りの壁ドンで、である。

突然、そんなことを言われば冷静に返すことなんてできるはずがなく、僕は裏返った声でそう答えるのが精一杯だった。
だって、誰にも言ってない密かな想いを言い当てられた上、超絶美少女の桐生さんの顔が超至近距離にあるんだよ!?僕みたいな年齢=彼女いない系の男子ではこうなってしまう。

壁ドン……なんて破壊力なんだ!


「態度でバレバレなんだよ、どんだけ好きですオーラ出してんだ」


呆れた様子の桐生さんにそう言われれば顔が赤くなってしまう。誰得な反応をしてしまったが許してほしい。


「……………そんなにかな?」

「ああ、違うクラスなのにお前態々昼休みとか美月のクラスくるだろ」


死にたい。
桐生さん、そういうのは分かってても言わないで欲しいな!


「…だってそれくらいしか会えるときがないんだよ、クラスが違うって結構壁なんだよ」

「このヘタレ、放課後遊びに誘うくらいのことしろよ」


グサリと心に刺さる。
言葉の暴力ってあると思うんだ。


このままでは泣かされる、というかもう泣きそうな僕ではあるが、こんな僕でも決意したことがある。



「……テストで柴田さんを越えたら告白しようと思ってる」

「そりゃお前かなり難しいだろう、美月はあれでかなり頭が良い上、打倒司波達也!とか言ってかなり燃えてるからな、相当勉強するぜ」

「難しくなきゃ意味がないんだよ」


ぼくが決意を告げれば、桐生さんがザクザクと言葉のナイフをぶん投げてくるが、こればかりは譲れない。そう、難しければ、難しいほど僕の自信に繋がる。自信を持って柴田さんの隣に立てる男になるのだ。

ぼくの決意を分かってくれたのか、桐生さんは「仕方ねぇー奴」と呟いて、頭をガシガシと乱暴に掻いた。



「それにしても司波達也か、柴田さん、アイツのこと好きなのかな」


最近、しょっちゅう一緒にいるのを見かけるし、司波達也はモテる男だ。もし、柴田さんが司波達也を好きだったとしたら僕なんかじゃとても戦えないどころが、勝てるところが一つもない。



「そりゃたぶんねーよ」


そんな僕の不安を桐生さんは確信を持った口調で否定した。親友の彼女がそう言うのならばきっとそうなのだろう。なんという朗報!俄然やる気が出るというものである。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析