ハーメルン
GAMERA-ガメラ-/シンフォギアの守護者~The Guardian of Symphogear~
#14 - Shadow ◆

外見や性格をご覧になればおわかりになったと思いますが、朱音の主人公造形は徹底して響との対比ができるように作っております。

一見正反対なようで、でもどこか通じる部分があるようで、やっぱり正反対だなってな感じで。

以下、倉田さんの台詞の引用。

「しかし、実はガメラはまだ人というものを絶ち切れずにいるんだよ、仙台でガメラの復活を願ったのはやはり人だからね、それがガメラの最大の弱みだ」

今回の話はその台詞を踏まえたものでもあります。

最後まで情を捨てきれなかったガメラですから、朱音となった今でも、葛藤が押し寄せる。それでも生命を脅かす者がいれば――
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析