ハーメルン
モモンガ様ひとり旅《完結》
後日談

 

「――――この、愚か者」

 バハルス帝国の皇帝ジルクニフは、フールーダから聞かされた報告に、はっきりと分かる憤怒の表情で答えた。
 フールーダはジルクニフの言葉に平伏し、頭を下げている。さすがのフールーダも、自分が悪いと分かっているのだ。

「魔法談義で熱が入り、弟子にして欲しくて平伏し、あげく相手を不快にさせて逃亡されただと? ……フールーダ、お前は頭脳がマヌケか?」

「申し訳ございません、陛下」

 ジルクニフはそんなフールーダに溜息をつく。即刻文字通り首を斬ってやりたいところだが、フールーダは帝国にとって替えの利かない駒だ。そんな事が出来るはずがない。

「……いや、これは私の失態だな。お前が魔法の深奥に触れることに対して、全てを賭けていることを私は知っていたのだから。ゴウンになるべく不快感を与えないように別室待機して、途中からフールーダに会いにくる体で合流しようと思ったが……誰か見張りくらい置いておくべきだった……」

 ジルクニフは苦々しく呟く。フールーダが魔法に対して狂気に近い渇望を持っているのを知ってはいた。だが、真の意味で理解していなかったという事だろう。恥も外聞もかなぐり捨てて懇願するとは……ましてや、相手がそれほどの魔法詠唱者(マジック・キャスター)だとは思ってもみなかったのだ。あらゆる事態を、そう――本当にあらゆる事態を想定して然るべきだった。

「まあ、いい。いや、よくはないが、過ぎたことはもうしょうがない。それよりもだ、じい……本当に、そのゴウンは第十位階魔法の使い手なのか?」

「あの魔力の奔流……それ以外に考えられませぬ!」

 フールーダに訊ねると、興奮したような答えが返ってくる。しかし、ジルクニフはそれに待ったをかけた。

「本当にそうなのか? じい、お前は自分より格上の魔法詠唱者(マジック・キャスター)を見たことが無いのだろう?」

「それは……そうですが……」

「その上で訊きたいのだ。本当に、アインズ・ウール・ゴウンは第十位階魔法の使い手なのか?」

 ジルクニフの問いにフールーダは悩み……苦悶したような表情で、はっきりと語った。

「正直なところ……分からない、と言わざるを得ません。私の生まれながらの異能(タレント)は相手の魔力を視覚化して視ることが出来ますが……知っての通り、私は第六位階魔法までしか使えませぬし、私以上の使い手は彼の十三英雄達しか知りませぬ。その彼らとて、今の私ならば追いついたと思えるほどですし……第十位階となると、どのように視えるのかはっきりとは……。噂によると法国では、神官達が大儀式を用いて上の位階を使うそうですが……私はその場面を見たこともありませんので」

「だろうな。……と、なると実際のところは、だ。じい、お前より上の位階魔法の使い手だということしか分からない、ということだな?」

「そうです」

「ふん……」

 まあ、あまり深い意味は無い。第十位階だろうが第七位階だろうが、フールーダより上の位階魔法の使い手だという事だけは確実なのだ。それだけ分かれば充分であるし、それだけで帝国としては致命的な失態を演じた事になる。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析