ハーメルン
オリ主が再びIS世界でいろいろと頑張る話だけど・・・
PHASE-07「蒼き騎士」



「いい加減に落ちろォ!」

「手こずらせる!」


リンネは水中から攻撃するアビスガンダムに
苦戦していた。アビスは水中から現れると共に
ビームランスで突くようにシナンジュに攻撃する。


だがリンネは考えながらアビスの動きを読み
シールドで防ぎ切る

「ち!」

「次はこちらからだ!」

シナンジュはビームサーベルを抜き一気に距離を
詰めるが

「君の相手はこの俺だぞ?紅い坊主君!」

「あれはフラッグか!加速性なら負けはしない!」


ネオの操るフラッグが出現してリンネはシナンジュを
別方向へと加速させる。

「エリカ、君はあの二機(インパルスとセイバー)
を頼む。いいな?」

[了解!]

「さて見せてもらおか?そのMSの性能とやらを!」


フラッグはシナンジュを追い掛ける。


「そんな程度か!」

ラウラはミネルバに近付くウィンダムをテンペスト
ビームソードで斬って倒していく。シュバルツェア
グフとはラウラ専用にカスタマイズされたグフイグナイ
テッドである。

「まだやるか!」

次にシュバルツェアグフはスレイヤーウィップで
敵機のビームライフルを絡め取りそれと同時に
鞭は赤く染まりビームライフルが破壊される

「鈴!」

「任せなさい!」


鈴は射程に敵を捉える。鈴の操るガナーザクウォーリ
アーはオルトロス高エネルギー長射程ビーム砲を
構える。


ビーム砲が放たれウィンダムを全撃墜する。


一方で湊はモニターでフラッグを捉えていた。


「ターゲット、敵MS!」

ツインバスターライフルを構えたルシフェルは
フラッグに向けて発射する。


「ん!?まずい!」

ネオはギリギリの所で交わす。

「ザフトのMS、まだあんなにあるのか?やれやれ!」

「あの機体、カスタマイズされてる?」

フラッグはビームサーベルを抜きルシフェルに
近付く。


だがその時、全MSのコクピット内にアラート音が
鳴り響く。湊はモニターで敵を発見しようとして
いた時ゼロシステムが僅かな反応を見せる。


「こんな下らない事ばかりして!」

「あの機体は!?」

ルシフェルの前にガンダムエピオンが現れビーム
ソードを降り下ろそうとしていた。

「貴様はまだこんな事ォォ!」

「箒さん・・・・ッ!」


箒は二ャル子の駆るガンダムエピオンに迫る。
ビームライフルで数発撃ち、次にヴァジュラビーム
サーベルを二本持ちエピオンに攻撃する。


「あなた達はただあのプレシアって人に騙され
てるだけです!何故分からないのですか!」

「黙れ!議長は私に力を与えてくれたんだ!あの
人を悪として見るなら二ャル子!お前を倒す!」

「口車に踊らされてるのに!だから私達はこの道を
取ったんです!翔真さんや一夏さんなら同じ事を

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析