ハーメルン
オリ主が再びIS世界でいろいろと頑張る話だけど・・・
PHASE-11「プレシアの思惑と動く影」



翔真達が基地破壊を終えた頃、リンネ、ヤマト、
リアスはIS学園がある人工島の港にいた。ここには
機体の整備施設がある為ミネルバはここに立ち寄っていた。

「なあリンネ、あのエクシアに乗ってたのは
翔真なんだよな?」

「そうだろうな。翔真がその道を取るなら
それでいいのだろう」

「・・・そっか。ところでそろそろ抜けるのか?」

「ああ、ここに長居は無用だし作戦にも協力
したし問題は無いだろう。プレシアの所に行ってくる」


リンネはそう言うとプレシアが居るミネルバへと
戻る。ヤマトはリンネが行く姿を見た後遠くの海を
見る。

「俺が居たIS世界とは違いすぎるな。これから
どうなるのかな・・・」

「どうしたのヤマト?元気がない顔して」

「いや何でもないよリアス。ただ・・・・」


















「なるほど、あなたの用件は聞き入れたわ」

「なら俺達はこれで失礼するぞ。やる事は
やったからな」

リンネはミネルバのブリッジでプレシアと話を
していた。

「月村リンネ君、ここには居ないけどヤマト君にも
お礼を言っておいてくれるかしら?」

「分かった。じゃあ」

リンネは話を終えてブリッジから出る。誰も居ない
ブリッジでプレシアは艦長席に座る。

「アスナ、あなたは世界を壊す計画を実行出来な
かったかも知れないけど私が成功させてあげる。
ただし・・・・私のやり方でね」


自然と笑みがこぼれ彼女はある一冊のノートを
片手に部屋を後にする。









ミネルバ格納庫




「俺達はここで別れさせてもらう。短い間だったが
世話になった」



リンネ、ヤマトとリアスは箒達に別れを告げていた。

「こちらこそ窮地を救って頂きありがとう」

「リンネにヤマト、リアス。また会えるか?」

箒がお礼の言葉を伸べてラウラがリンネ達に問い
ヤマトが答える。

「生きている内はまた会えるさ、だからラウラ達も
生き残ってくれ」

「ああ、そちらもな」


リンネ、ヤマト&リアスは機体に乗り込みミネルバ
から出撃する。





シナンジュとダークライザーが空を飛行する中
一機のMSが二機を捉える。


「目標確認、ガンダムタイプのMS」






シナンジュのコクピットではコンソールパネルを
操作して翔真達の居場所をリンネは探していた。


「よし、翔真達は今イギリスの空域近くに居る。
合流するぞ」

[了解]


ピピピピピ!!!

「ん?MSか!ヤマト気を付けろ!」

[あれはガンダム!?]

[あのガンダムって確か「ストライク」じゃ!?]

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析