ハーメルン
オリ主が再びIS世界でいろいろと頑張る話だけど・・・
PHASE-14「イギリス奪還作戦」



翌日、プトレマイオスのブリーフィングルームでは
千夏とディアーチェがセシリアから聞いたイギリス
の情報を今回出撃する翔真、一夏、スバル、ティアナ、
に話していた。

「とういう感じで街中の道路の下にはMSが
収納されている格納庫があって敵襲が来た時には
いつでも出撃出来るらしいの」

「今回我が考えたのはまずスケベ(翔真)と
一夏達は出撃する敵を撃墜して同時にシャルロット、
リアスは後から合流するリンネとヤマト達と共に
基地の破壊するというプランだが大丈夫か?」

「問題は無いがディアーチェ、スケベとは俺の事か?」

「そう聞こえんかったかこのたわけ」

翔真はスケベと呼ばれて腹が立ったのかディアーチェ
とメンチを飛ばしている。

「まあ翔真はほっといてスバル、ティアナ、出撃
準備しようぜ」

「うん!」

「先に行ってるわよ」

スバル、ティアナは先に格納庫へと向かい
一夏はセシリア、簪、アインハルトに呼び止められる。

「無事に帰って来てくださいな」

「アインハルトと一緒にご飯を作って帰りを
待ってるからね一夏」

「今日はカレーです!一夏お父様気を付けて!」

「・・・ああ、ありがとう皆。じゃあ行って来る!」

一夏はいつもの爽やかスマイルをセシリア達に
見せて格納庫へと向かう。



「うるせぇぞこの上から目線野郎が!」

「ぐぬぬぬ!!!!言うではないかこのスケベバカ!」



「「ぐぬぬぬぬぬぬ!!!!!」」


「翔真!早くしないと~!」

「王様も落ち着きなよ~!」


翔真とディアーチェは未だにいがみあっており
フェイトとレヴィはそんな二人に手を焼いていた。














そして・・・・・・


「綾崎翔真、ウイングガンダムゼロ飛翔する!」

「織斑一夏、フリーダム行きます!」

「スバル・ナカジマ、ガンダムヴァーチェ行くよ!」

「ティアナ・ランスター、ガンダムデュナメス
リペア行きます!」


イギリスに再び接近しているプトレマイオス2から
ウイングガンダムゼロ、フリーダムガンダム、
ガンダムヴァーチェ、ガンダムデュナメスリペアが
出撃する。







一方イギリスの街中ではマドカが自身の専用MS
であるストライクルージュ(I.W.S.P装備)で
出現したザフト性のMDビルゴと戦闘を行っていた。


「くたばれェェェェェ!!!!」


ビルゴの特殊バリアであるプラネイトディフェンサー
を両手でこじ開けるストライクルージュはその
隙にバルカン砲でメインカメラを破壊していく。


「一夏兄さん、もし居るならこの戦闘に気付いて!」


マドカはフリーダムガンダムを見た時ザフトの
支配下になりつつあるイギリスを守る為に折紙達と

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析