ハーメルン
ハドラー子育て日記 異世界家族旅行編
受け継がれるもの

サンシャインらと別れ土産を手にデルムリン島へもどってきたが
ある光景を目にしたことでオレはあやつらのもとへ

         フッ

\\\\ ハ・・・ハドラー!!!! ////

「・・・ククッ 久しいな我が宿敵アバンの使徒よ・・・」

『ごきげんようダイ』

そこにいたのはダイ、ポップ、マァム、ブラスの4人
あのゴールデンメタルスライムがいないところを見るとまだ捜索の旅中か

〈ハドラーさま どうしてこのようなところに?〉

ブラスの疑問への答えに

「・・・実はデルムリン島に強力な竜があらわれてな
ヒュンケルとヒムが対応したがすでに・・・
クロコダインも加わったが長くは持たないだろう」

'なんだって!?そんなバカな!?ヒュンケルにヒム
クロコダインのおっさんの3人でも手に負えないなんて'

“まさか大魔王級の竜が!?”

《いそいで帰ろう!!デルムリン島へ!!!》

「よしおまえたち オレの手をとれ 案内する ・・・ルーラ!!!」

――――

《え おれんち!?ここにいるの?》

「気配を消してここから様子をうかがえ 迂闊に声をだすなよ」

ダイたちがそうっ と窓から家の中をのぞきこむ そこのいたのは

馬になってジゼルをあやす笑顔のヒュンケル
爆笑しながらそれを囲むヒムやクロコダイン、獣王遊撃隊たちだった

'え?なにこれどういう状況?'

“あんな顔で笑うヒュンケルはじめて見るわ”

混乱しつつも オレにふりむいたダイたちへ言ってやった

「別に嘘は言っておらんぞ やつらすっかり骨抜きになっているだろう
ちなみにヒュンケルの背にいる子供が術で姿を変えている子竜で
オレと聖母竜の娘 ジゼルだ」

〈なんとハドラーさまのご息女!?〉

'いつのまに!?'

“じゃあアルビナスたちの妹!?”

《聖母竜ばあちゃんの娘!?
えーと だとすると父さんの妹でもあるから・・・
なんていうんだっけ?》

『ダイからみると叔母にあたりますね』

「そしてブラスよ・・・ ジゼルを背に乗せている男を知っているか?」

〈ヒュンケル君ですか?
・・・ダイの兄弟子でアバンどのの一番弟子と聞いておりますが
ヒュンケル・・・ヒュンケルか・・・
そういえばどこかで聞いた名のような気も・・・・・・・〉

「バルトスの息子だ」

〈・・・そうかっ・・・ヒュンケル!!
その昔 魔王ハドラーさまのつくりだした軍最強の地獄の騎士
バルトスどのが育て上げた人間の少年の名が・・・
・・・ヒュンケルじゃった!!
あの地底魔城に光をもたらしていたあのときの赤子が
・・・バルトスどののご子息が・・・立派に・・・本当に立派になって
まさかわしの家で ハドラーさまのご息女をあやしているとは
・・・なんと・・・いう・・・・・・・まるであのときにかえったようじゃ〉

《ブラスじいちゃん・・・》

ブラスが泣き崩れ ダイが支える

「ポップ、マァムすまんがここに1000ゴールドほどある

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析