ハーメルン
ハドラー子育て日記 異世界家族旅行編
神奈川県川崎市 後編

夜もふけてきて ジゼルは・・・
アニマルソルジャーたちともう寝ていた

『ぬいぐるみに囲まれて寝ているジゼル・・・!!』

わかった わかった・・・

〈ハドラーさん 大人のお話があるのですが・・・〉

「なんだヴァンプ将軍?」

〈あの・・・ 世界征服って興味ありませんか!?〉

「ほう 世界征服だと?」

〈はい! 考えたことありませんか世界征服?!
実はフロシャイムは世界征服を目指す悪の秘密結社なんです!
是非ともハドラーさんに入っていただきたいのです!!〉

「・・・・・・」

〈それは 私達もすぐにそんな大きなことができるとは思ってません
我が川崎支部の当面の目標はあの川崎市のヒーローであるレッドさんを抹殺です
それで一応の目鼻がたつといいますか・・・〉

「・・・」

〈あっ!? ひょっとしてハドラーさん もしかして
すでにどこかの組織の首領だったり大幹部だったりしますか?〉

「・・・くくく
いや たしかにそんな時期もあったが・・・な
・・・オレもかつてそんな戦いの日々の中宿敵に出会った
将軍たちにとってのサンレッドのようにな
そんなやつと今も戦い続け、
今はやつの弟子よりも優れた子を育てることがオレの戦い・・・」

寝息をたてるジゼルを見る

〈そういうことですか・・・ わかりました
このお話はここまでにして ではちゃんとお布団を敷きましょう
ハドラーさんにも丁度いいサイズの怪人用のがありますから
どうぞご遠慮なく ゆっくりしていってください
ジゼルちゃんたちの分もすぐに用意しますから〉

「そうだな あの修羅場で魔法力も消耗している
帰りのこともある 久しぶりに寝るとするか・・・」

〈おやすみなさい ハドラーさん〉

「ああ 将軍もな」

・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・

ぴくっ

夜明けか・・・
だがオレが目を覚ましたのは夜明けの太陽ではない
このアジトの前で感じる太陽の気配のせいだ
オレが起き上がり玄関に向かっていると・・・

ガラッ!

〈はーい! だれでしょうかこんな朝早くに お客さんなんて?〉

すでに朝食の支度にとりかかっている様子のヴァンプ将軍が玄関に走っていた

〈え!? レッドさん!???
どうしたんですか?いつもお昼頃まで寝ているはずなのに?!〉

      ボカッ!

【うるせえよ!それより昨日のやつをだせ!いるんだろここに!!】

「やはりオレの客か」

すでに戦闘服を装備した昨日の仮面の男 サンレッドがあらわれた

【ちょっと面貸せ 昨日のようにはいかねえぜ】

仮面で表情は見えないが かなりの自信があるようだ

「よかろう 昨日と同じ場所か?」

【いや この近くにでかい川がある
そこの河川敷がてめえの墓場だ】

「フン その言葉そのままお前に返してやろう」

昨日空から下った川のことだろう

「ヴァンプ将軍 いってくるジゼルはまだ寝させておけ

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析