ハーメルン
ハドラー子育て日記 異世界家族旅行編
大魔王の遺産

オレは今 ジゼルをヒム達に預け魔界にいる
かつて大魔王バーンが本拠としていた建物だ

『・・・本当に入るのですか?』

「バーン様本人からのご依頼だからな
やることはあくまで掃除だけだ」

『それはそれでどうかと・・・』

「対価として拠点内のものは好きにすればよいとのことだ
大魔王の遺産 興味はないか?」

『ジゼルやダイのためになるのであれば・・・』

地上のダイ達の戦いでバーン様が戦死され
魔王軍の地上・魔界の精鋭たちも壊滅したが
魔界にはまだこの拠点を含め大魔王の息がかかったものが多く残っている
既に戦死の報は魔界全土に広がっていたが
この拠点が荒れている様子はない
そもそも肉体がない怪物は魔界に限らず珍しいものではなく
大魔王ともなればどのような姿で復活するか
わかったものではないという認識なのだ

『たしかに死体系や幽霊系ですめばいい方でしょうね』

まあ太陽として見守る存在になったらしいから
光が差さない魔界に帰ることはもうないだろうがな
留守番役の魔物どもはオレが実力を示すと
おおむね協力的になった

『連戦でしたがあなたには問題なかったですね』

当然だ 魔界の強豪といえどミストバーン級ほどではない
力が全てというバーン流が浸透していたことで
オレのもっとも得意としたやり方が効果的だった
案内されて拠点内を一通り回ったが
大魔王のたたりを恐れた魔界の住人によって
拠点の中は綺麗なものだった
荒されるどころかいつ主を迎えても
恥ずかしくない状態ということだろう

・・・だが予想はしていたが食料庫だけはひどいものだった

・・・
・・・・・・案内役に聞いたところ
大魔王含め主力が抜けたことで拠点内での食料の消費が激減
だが支配下から集まる貢物が減ることはなく
また大魔王への貢物はあくまで大魔王のものであり
留守番役のものには勝手にどうにかする考えすらなく
ただ溜め込み溢れさせ腐らせていく一方だったようだ
オレは早速食料を分類 腐敗したものは
くさった死体などのゾンビ系やじんめんじゅなどの
植物系の魔物向けに調理し その他の食材で
できるだけ多様な魔物向けの献立を考える
流石に量が多かったが多人数を相手にするのは燃えた

  ダダダダダダダ!!!
     ボッ  バアアアアァァァ!!!
          カッ!!!

調理の音が聞こえたのか魔物が集まってきた
そやつらに料理は食わせその分食料庫の掃除をさせる
食材を勝手に消費したことにうだうだぬかしたやつは
拳で黙らせ調理補助に回すと従順なものですぐにコツも掴んだ
食料庫の床が半分見えたあたりで後は任せた
こいつらはオレの配下ではないが実力を示し
対価を用意すれば仕事はこなす

『意外と素直ですね』

それが当たり前なだけだ
この調子ならオレがいなくてもこれからは問題なかろう
・・・オレは大魔王の配下が近づくことがない私室
バーンのアトリエともいえる場所に足を踏み入れた

『まあ玉座は掃除しても私室は勝手に入れませんよね』


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析