ハーメルン
ナルトに転生しちまった!?
~第九話~

 俺は綱手に連れられて広い野原に来ていた。忍術見たいって言ってたけど何するんだろう。綱手と組手とかいったら…死にそう。少なくともどっかしらの骨もっていかれそうだ。

「さて、お前の忍術を見たいんだが…ただ見るだけじゃ面白くない。実戦で使いこなせてなくては意味ないからな」

 うん、この流れは怪我確定かな。絶対組手だもん。九喇嘛がいて回復早いとはいえ…やだなぁ。

「なので今からシズネと実戦形式の組手を行ってもらう」

「えぇ!?わたしですか!?」

 やった! まだ綱手が直接やらないなら大怪我の確率はかなり減る。これなら無事に帰れそうな気がしてきた。

「なんだい? 文句あんのかい?」

「ありますよ!!綱手様が修行を見るといったんですから綱手様が直接相手するんじゃないんですか!?」

「いや、修行するためにはまずこいつの実力が分からんと話にならん・・・それに私がやったらこいつを大怪我させてしまう恐れがある・・・そしたら意味がないだろう」

 なんだ自分でも怪我させるかもって思ってたのか。よかった。

「それにお前最近実戦修行なんてやってないから動きが鈍ってるんじゃないか? お前の勘を取り戻すのにもちょうどいいと思ったのだが…」

「な、なるほど。そこまで考えていらっしゃったのですね。わかりました、引き受けましょう」

 そういえばシズネって上忍クラスだったっけ。綱手に比べれば劣るだろうけど気を抜けば大怪我だな…最悪飛雷神使って避ければいいや。

「ナルト、お前もそれでいいな?」

「はい!!」

「それでは両者構えて…」

 シズネの雰囲気が変わった。やっぱさすが上忍クラスだな。最初から全開でいかなきゃな。

「では、始め!!」

 その声を聞いた瞬間俺はバックステップをしながら手裏剣を投げ、印を結んだ。

「手裏剣影分身の術!」

「えっ!?」

「あの術は、猿飛先生の…上忍クラスの忍術だぞ!?」

 シズネと綱手は驚いているようだ。まあいいや今のうちに回り込もう。

 シズネはクナイを取り出し手裏剣を弾き、俺がいたほうを見ていた。

「あれは陽動…にしても本当に気を引き締めないとまずいわね…」

 まだ隙がある。今のうちの保険をかけたい。

「隙ありっ!」

 俺はシズネの後ろに回り込んでいたので踏み込んで掌底打ちを背中に向けて打った。

「っつ!?後ろに回りこんでいたのね…」

 よし、これで保険はかけられた。でもこれ以降はシズネもきっと本気で来る。こっからが本番かな…

「やるわねナルト君。次はこっちから行かせてもらうわ」

 シズネが印を結んでいく。とりあえず何の術か分からない。離れて様子を見よう。

「忍法 毒霧!!」

 吸い込んだら一貫の終わりか。なら吹き飛ばせばいい!!

「風遁 烈風掌!!」

 霧の方にはもういないはず。どこだ。上、後ろ、右、左…って

「霧の方にいたままだったんですか。いつまでもなめて…」

「残念ね。そっちこそ少し舐めてるんじゃない?」

「!?」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析