ハーメルン
ナルトに転生しちまった!?
~第十四話~


「あら、そんなにそのせんべいが気に入ったのナルト君。それなら帰るときに分けてあげるから忘れないようにね」

「いいのか!?ありがとだってばよ!!ミコトさん!!」

「いえいえ、どういたしまして」

 そんな会話をしていると玄関の方から声が聞こえきた。

「ごめんくださーい。サスケいますかー?」

 それはサスケを呼ぶ女の子の声だった…

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析