ハーメルン
阿礼狂いに生まれた少年のお話
一つの転機

 阿七が遠くへ逝って五年。信綱も二十一になり、正式に一人前の大人として認められる頃合いになった。
 ……まあ信綱の場合は六歳の頃から一族の中で最強を掴み取り、それ以来家の中では大人として扱われてきたため、特に感慨深いというものはないのだが。

 強いて言うなら一族の当主として参加する会合などで、チラホラと発言を求められるようになったことくらいか。
 権力など興味ないので、稗田を守ることに集中させて欲しいと言っているのだが、火継の持つ物理的な武力をどうにかして利用したいという者は少なくないのだ。

 少々話がずれた。とにもかくにも信綱らと同年代の少年少女は成人し、それぞれの道を歩み始めるのだ。
 これ以降、彼らと道が交わるかどうかは己次第。繋ぎ止めたい縁はきちんと繋ぎ止めないと、後悔してしまう。

「なあ、ノブ……」
「で、何の話だ勘助」

 現在、信綱は勘助に誘われて大衆酒場に入っていた。
 日が地平線の向こうに消えかけ、里が月夜に染まる前の僅かな夕焼け色の時間。
 一日の仕事を終えた者たちがその日の癒やしを求めて、あるいは仲間との団らんを求めて、思い思いに酒と肴を頼んでいく。

 信綱たちもまた、そんな場所で机を挟んで向かい合う。周囲の喧騒はうるさいが、だからこそ内緒話も喧騒に紛れてくれる。
 お猪口に注がれた酒を呑み干し、喉を焼く感覚に息を吐く。酒そのものを嫌いだとは思わないが、どうにも酔う感覚がわからない。
 酒精が頭に回って酩酊すると言われているが、今のところそれを自分の身体で体験したことはない。

 対面には深刻そうな顔をしている勘助。あまりに動揺しているのか、酒にも手を付けず考え事をしているようだ。
 普段なら勘助の悩みに合わせて信綱も酒は呑まないのだが、今回は別だ。
 なにせ話が伽耶について相談があると来た。もう大体どんな内容の悩みが来るのか見当がついている。

 なので気楽に酒を呑んで勘助の悩みを肴にすれば良いのだ――

「実は伽耶に――結婚申し込まれた」
「ケフッ、ゲホッ、ゴホゴホッ!?」

 むせた。そこは順序を踏んで告白からではなかったのか。

「なんか、もう親にも話が行ってるみたいで、父ちゃんと母ちゃんから畑仕事しないで良いって言われた……」
「まあそこは知ってた」
「知ってたのかよ!? 教えてくれよ!!」
「他人の色恋沙汰に口なんて出せるか!?」

 阿礼狂いでも恐ろしい物はある。覚悟を決めた女は敵に回しちゃいけないと、伽耶を見てしみじみ思ったのだ。
 伽耶を敵に回さないためなら勘助ぐらい喜んで生け贄に差し出そう。なに、最終的に幸せになるなら問題ない。

「というかこの歳になるまで気づかなかった方が凄いぞ。伽耶の見合い話、十六の辺りから聞いていただろう?」
「い、良い人がいないだけだと思ってた……」
「お前の鈍感さは一周回って美点だと思い始めてきたぞ……」

 他人の言葉や他意を疑うということを知らない。全く考えていないわけでもないのだが、こと友人関係になると基本的に無条件の信頼のみになる男だ。
 いや、だからといって見合いの話から自分が好きなのでは? と思うようではただの自意識過剰である。何も非は勘助だけにあらず。

 もしかしたら、伽耶も告白をすることでの関係の崩壊を恐れて、なかなか手を出せなかったのかもしれない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析