ハーメルン
阿礼狂いに生まれた少年のお話
稗田阿七という少女

「よくお似合いですよ、坊ちゃま」
「そうかなあ……」

 護衛役を継ぐことが正式に決まった翌日、信綱は護衛用の礼服に身を包んでいた。
 体格のある大人が着れば見栄えも良いのだろうが、信綱の年齢と身長では七五三の格好にしかならない。
 祝い事であることは確かだけれども、どうにも場違いな気持ちが否めなかった。

「ああ、あと悪かったね。勝手に道場に行ったりして。気持ちが抑えられなかった」
「しかし私がいてもいなくても、どちらにしても向かっておられたでしょう。あなた方はそういう一族ですから」

 トメという女中は長く火継の家に仕えている。信綱の乳母でもあるし、それ以前からこの家に仕えていたのだから、阿礼狂いと呼ばれる所以も知っているのだろう。

「それに何より、坊ちゃまは見事に力を示された。無事に帰って来てくれて嬉しゅうございます。ささ、こちらをどうぞ」

 差し出される小太刀を受け取り、腰に差す。木刀なら多少長くても良いのだが、さすがに鉄の塊である刀を大の大人と同じように持つことは出来ない。
 だが、これでも道場の者たちを全員打ち倒した猛者。小太刀一振りあれば人間に負ける気はしなかった。

「ふぅ……」

 しかし姿見に映る格好を見て、自分のことながら情けなくなる信綱。
 これではまるで七五三の子供が背伸びをしているようにしか見えないではないか。
 腕に自信はあるが、見た目というのも大事な要素である。この背格好に侮られて阿七に危害が加えられたとあっては、それこそ末代までの恥辱。
 とはいえ見目が変わるということもなし。侮られることは仕方ないと受け入れても、せめてこれから仕える阿礼乙女には絶対に指一本触れさせないという決意を、その少年らしい赤らんだ頬に浮かべる。



「これより阿七様の警護を務めさせて頂きます。火継信綱と申し――」
「わっ、可愛らしい子! 私、弟が欲しかったのよ!!」
「ちょ、ちょっと!?」



 出会い頭に思いっきり抱きしめられ、脳天を貫く多幸感と共に信綱は今後の先行きを不安に思うのであった。





 さて、晴れて正式に阿七の側仕えを出来るようになった信綱だったが、生活そのものが劇的に変わったというほどではなかった。
 確かに寺子屋に通える頻度は下がり、その代わりに道場への立ち入りを許されて頻繁に稽古に向かうようになった。そしてそれ以外の時間は阿七の側に控えるようになった。

 その事自体は手放しで喜ばしい。彼女の隣りにいることを願って、齢六歳で父を打ち倒したのだ。
 正直先走りすぎた気がしないでもない信綱だが、そこは息子が勝手に潰れることを願って小さな頃に御阿礼の子を見せた父親が悪いことにする。
 彼の誤算は息子の才覚がこの歳ですでに開花していたことと、その資質が元より強い人間が生まれやすい火継の家においてなお、天稟と呼ぶに相応しいものだったことか。閑話休題。

 さておき、信綱の生活があまり変化していないのは別の理由があった。
 阿七である。出会い頭に強烈な抱擁を受けたことは一生消えない記憶に残るだろうが、それとは別に彼女はあまり頻繁に外出する身ではなかった。

「阿七様、お体の具合は大丈夫ですか」
「ああ、ノブ君? 今日は調子いいからこっちおいで、抱っこしてあげる」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析