ハーメルン
阿礼狂いに生まれた少年のお話
人里でのとある一幕

「ふぅ……久しぶりの外は気持ちが良いわね」
「ここ最近は転生への準備なども含めてお疲れのようでしたから。余計なお世話でなければ幸いです」

 うららかな陽気の中、信綱と阿七は人里の中を散歩していた。
 露天に店を開いている野菜売りや、金物を敷物に広げて日光の反射で人目を引いている商人など、雑多な人たちが多く集まって思い思いに商売をしているそこは、躍動するような生命の力が感じられる空間だった。

「少々人混みが激しいようですが、良いのですか?」
「いいのよ。私、こういうところ大好きだから」

 この主は意外と騒がしい物が好きらしい。しかし好きなものであっても、長時間この場所にいると体調をまた崩してしまうことがわかってしまうのが泣ける。

「……無理はなさらないでください。倒れられると、心配する人がおります」
「わかってるわ。ノブ君は心配症ね」

 いや、日頃の様子を見て心配しない人間などいるのだろうか。風が吹けば倒れそうな有様だというのに、この主人は存外積極的に外に出たがる。

 幻想郷縁起の編纂もあるため、彼女を伴って妖怪の領域へ赴くことも今後あるのだろう。
 気合を入れ直さなければ。そう思って決意を強めていると、ふと横合いからほっそりとした手が信綱の手を取った。

「え?」
「手、つなぎましょう? はぐれたら大変ですもの」

 この人の側仕えをしてそこそこ長くなるが、未だに子供扱いがなくならない。少しではあるが背も伸びてきたというのに。それでも阿七より小さいのは悔しい話である。
 だがまあ、結局のところこの人の子供扱いが消えない理由は――

「……そうですね。お手を失礼します」
「ん、失礼されます」

 それをまんざら悪く思っていない、信綱に原因があるのだろう。
 側仕えを始めて、三年が経過する春の出来事だった。





「む、阿七じゃないか。今日は体調がいいのか?」

 そんな風に手をつないでゆるゆると歩いていた時だ。視界の向こうに銀髪が映ったのだ。人里にいて違和感がなく、なおかつ銀の髪を持つ者など慧音以外にはほとんどいない。
 知己と会ったことに羞恥心も働いて、信綱は阿七の身体を最大限労って手を離そうとするのだが、阿七はゆるやかに手に力を込めてくる。離す気はないようだ。

「ええ。慧音先生もお変わりなく。寺子屋はどうですか?」
「相変わらず子供たちの相手は大変だよ。だが、やりがいがある。毎度毎度問題児が出てくるのも風物詩みたいなものさ、時に信綱?」
「……いや、ぼくは事情説明したと思うんですけど」
「たまにで良いから顔を出せ。勘助や伽耶が暇そうにしていたぞ。それと私からの愛もたくさんある」

 愛と書いて課題と読むのだろう。
 確かにここしばらく、寺子屋には顔を出せていなかった。阿七の様子が良ければ、顔を出すのも悪くはない。

「ノブ君、寺子屋にはちゃんと行かないとダメよ? めっ」
「ぅあっ、だけど寺子屋でやる範囲の勉強はとっくに終わらせ――」

 阿七に額を軽く小突かれる。慧音も阿七に同意するようにうんうんと頷いていた。

「勉強だけが寺子屋で学ぶことではない。かけがえのない友達と過ごす時間というのは、一生の思い出になるものだ。そういった付き合いは大人になってからも続くぞ。お前とて、勘助らとの縁を切りたくはないのだろう?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析