ハーメルン
オラリオに半人半霊がいるのは間違っているだろうか?
1話:プロローグ「みょん?」

やあ、俺は転生者だ、何を言ってるか分からないかもしれないが転生者なんだ。

これからは銀髪のイケメンとして異世界でヒャッハーしようと心に決めて、こうして目を覚ました。

だが、何かおかしい。俺は自分の姿を確かめる、まずは手、細く白く短い(・・)触れたら折れてしまいそうな綺麗な手だ。次は身体、麻布のボロっちい服を着ており、未発達ではあるが女だ・・・。・・・既にいろいろとおかしいが、顔を確認しなければ。俺は近くにあった森に囲まれた湖をのぞき込む・・・んで顔は・・・幼いながら非常に整った顔立ちだ。白い肌、銀の髪、青い瞳。・・・・・・・・・妖夢?

いや、おかしいだろおぉぉぉォォ!!あれ!なにこれ!おかしくね?!俺さ言ったよね神様!銀髪で刀を使うキャラクターって言ったよね?!俺のイメージ的には坂田銀時だったんだけどおおおぉぉ!?しかもなんで子供状態なんだあああああ!

「みょおおおおぉぉぉん!」

鈴のような綺麗な可愛らしい声で俺は叫ぶ。

声可愛いなおいっ!嬉しくねぇよ!普通あれだろ?こういう声の人をヒロインとしてよこすとかさぁするんじゃねぇの?・・・ダメじゃん、俺をこの声にしちゃダメじゃん。・・・ったくどうしてこうなったんだ・・・


どうしてこうなったかは少し前に遡ることになる。





俺は何も無い所にいた、何も無いってのはこう・・・説明しずらいんだが、周りの何かを知覚出来ないって感じだ。でも何故か心地よかった、このまま消えてしまうのだろうとなんとなしに思っていた。

しかし、そこに何かが現れた、俺以外の知覚出来る何かは俺に話しかけてきた。

「゚з゚)ノ チィーッス、どうよ元気?おれ?俺はマジチョーイケテルって言うか神様だぜ?マジ元気だぜ?」

――・・・・・・は?何?てか誰?。目の前に現れたのは何かチャラチャラした男の人だ。

「誰とかないわー!俺だよ俺!忘れちゃった?・・・・・・初対面だっわウケるwwwwww」

――・・・あ、うん、そうですね、ところでここは?どうして俺はここにいるんだ?

「あれ?説明してなかったっけ?あー、悪い!!!お前死んじゃったわ!いやーなんて言うか・・・書類ミス?ってやつだ、うん。・・・・・・(๑>؂•̀๑)テヘペロ」
――つまりお前は神様で、書類ミスで俺は死んでしまったと?

「そうそう!いやー話が早いねーっ!ホントは死ぬ筈じゃなかったんだぜ?俺のミス俺のミスwww」

――ぶっ飛ばしてやろうか?・・・・・・・・・なぁ、俺の家族は・・・。そう、俺は家族四人で車に乗っていたはずだ、家族どうなった!?やっぱり死んじまったのか?!アンタの書類ミスで!?

「あれ、もしかして怒ってる?やだなーもうっ!死んだのは君だけさ!・・・えーっとマニュアルにはなんて書いてあったかな?んー何処だろ・・・あ、あったわー『間違えて殺してしまった時の謝罪方法』なになに・・・ほう、転生ねぇ・・・面白そうじゃないかぁ・・・どう?やるかい?」

――俺だけなんかい!どうしてだよどうして後部座席に座ってた俺だけピンポイントで死んでんだよ!・・・え?転生ってあの転生?

「そうそうそれそれ!やる?やっちゃう?俺はぜひおすすめするね!あ、ちなみに死因はポテチの爆発な。っとちょっと待ってな・・・なるほど『容姿や能力などの要望を、可能な限り叶える事』か。何かかなりたい者とかあ

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析