ハーメルン
真剣で恋について語りなさい
姉、ちゃんとしろよ


 夢の中で見覚えのないスキンヘッドの学生がおれを見ていた。
 夢だと分かったのは、変態の橋のど真ん中でおれとスキンヘッドの学生――めんどいからハゲでいいや――が対峙しているという、現実的なんだか非現実なんだかよく分からない光景を客観視しているおれがいたからだ。
 ハゲは肉体的にそこそこ鍛えてはいるが、学生の域を超えてはおらず、おれから見れば赤子もいいところ……なのに、おれは手を出せずにいた。
 夢の中のおれは相対しているだけで滝のような汗を掻き、精神を足元から切り刻まれているかのような感覚を味わわされている。
 これほどのプレッシャーはジジイや姉さん相手でも感じたことがない。これほどの剛の者が川神にいたか? いや、ない。
 いったい、こいつは、何者……?

「ふん、雑魚が……」
「!?」

 ハゲはおれを鼻で笑うと、悍ましい形相で言った。まるで天上から愚民を見下しているかの如き物言いだった。
 ハゲは人治主義国家で暴君に恐れおののきながら生きる民を見るような目でおれを見る。

「あわれな奴だ……まだ世間体を気にしているとは」
「なんだと!?」
「俺は自分を偽ることをやめたんだ……」

 ハゲは悟りきった声でそう言うと、念仏を唱えるときにやる祈りの所作をした。
 ハゲから後光が差し、迸る穢れ切った白い光が世界を覆い尽くす。

「くっ……!」
「誰もがはじめは自分をノーマルだと思う……」

 ハゲはそう呟くと同時に結跏趺坐(座禅の座り方)の態で宙に浮いた。すると、光の中から蓮の花が咲き、ハゲは神々しく巨大な蓮の上に座しておれを諭した。

「しかし、裏を返せば、ノーマルであることは性について初心者であると告白するも同義。女の人の裸を見て、なぜおちんちんが固くなるのか分かっていないお子様から何一つ進歩していないと打ち明けたに等しい。
 そもそも、人は平等ではない。十人いれば異性の好みからオカズの媒体、竿の扱き方に至るまでちがって当たり前。歩んできた人生がそこに如実に現れ、結集しているものだ。
そう、性においても人は進化する――」

 ――まさか、このハゲは神なのでは?
 圧倒的なオーラに呑まれ、打ちのめされるおれに神は言った。

「潔癖な処女厨が、好きなヒロインが薄汚いおっさんに犯されたショックでNTRに目覚めるように……
 可愛いと思ったヒロインが実は男で、ショックを受けるどころか男の娘に目覚め、いつしかショタでも抜けるようになり、気づけばバイになっていたように……
 普通のオナニーで満足できなくなり、アナニーに挑戦して前立腺を開発すると、ドライオーガズムでしか満足できない体質になってしまうように……
 己の性的嗜好を自覚し、それを極めてようやく半人前。それを昇華して、人はやっと一流になれる――」

 神はゆっくりと瞳を開けて、この上なく優しい目でおれを見た。

「業を背負いし者よ。世間に媚びへつらうのをやめよ。ありのままの自分になれ。
 そして世界に向けて叫ぶのだ。自分の性癖を――」
「えー。おれはハゲのお前とちがってモテるから、世間体捨てるメリットなくね?」
「……」

 そのひとことで神は魔王になった。半狂乱になった魔王は、これでも昔はモテていたこと、寝てるあいだに幼馴染に毛根を死滅させられたこと、それがきっかけとなり開き直ってロリコンをカミングアウトしたことを体育座りで愚痴り、おれは隣に腰を下ろし、その肩を叩いて励ました。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析